ニュース
» 2020年07月18日 18時30分 公開

“夜の東京”がテーマの写真集「リアム・ウォン トーキョー」が完全にサイバーパンクの世界 序文は小島秀夫監督が担当

著者のリアム・ウォンさんは「アサシンクリード」シリーズなどと手掛けたゲームデザイナー。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 “夜の東京”をテーマに撮影した写真集『LIAM WONG TO:KY:OO リアム・ウォン トーキョー』(以下、『TO:KY:OO』)が8月19日に発売されます。価格は3400円(税別)。


photo 写真集『LIAM WONG TO:KY:OO リアム・ウォン トーキョー』

 著者のリアム・ウォンさんは、ユービーアイソフトに所属するスコットランド出身のゲームデザイナー。これまでに「アサシンクリード」や「Far Cry」シリーズなどに関わってきたほか、フォトグラファーとしても活動しており、『TO:KY:OO』はサイバーパンクや日本のアニメにインスピレーションを受けて制作したといいます。日本人のよく知る東京ではなく、別世界のような「トーキョー」の姿が収められています。


photo 輝く東京の町並み
photo 都内の駅構内も撮影されています

 序文は「メタルギア」シリーズや「デス・ストランディング」などの作品を手掛けた小島秀夫さんが執筆。また推薦文は「ブレードランナー」の都市デザインなどを務めたシド・ミードさんが担当しています。


photo
photo
photo


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.