ニュース
» 2020年07月21日 14時30分 公開

ロシアKFC、3D印刷技術を活用した食用チキンナゲット開発着手

KFCが目指す未来の食肉。

[関口雄太,ねとらぼ]

 ロシアのKFCは「未来の食肉」として、3Dバイオプリンティングで作るチキンナゲットの開発を始めると発表しました。


3D印刷技術を活用した食用チキンナゲット ロシアKFCが開発着手を発表 画像はイメージです(画像はKFC ASSET LIBRARYより)

 味だけでなく、見た目もKFCのオリジナルのチキンナゲットに限りなく近い仕上がりになると発表。2020年秋に完成させ、モスクワで試作提供を予定しています。世界初となる、実験室で生産したチキンナゲットの開発を目指すとのこと。

 生産に協力するロシアの企業3D Bioprinting Solutionsは、鶏の細胞や植物素材を用いて鶏肉の味や食感を再現するバイオプリンティング技術を開発。KFCならではの味を作るパン粉やスパイスを提供することで、商品化に向けて協力します。

 3D Bioprinting Solutionsの共同創業者ユセフ・ケスアニ氏は「3Dバイオプリンティング技術は医療分野で広く認知されていたが、最近は食肉などの食品作りにおいても人気が出てきている」とし、「KFCと協力して生まれた技術が、細胞ベース食肉製品の市場投入を加速させることを期待する」とコメントしました。

 現時点では生産するチキンナゲットの安全性や特徴などの詳細は明かされていませんが、増加する人口に食糧を安定して配給する、環境負荷が少ない食肉生産など、世界が抱える課題解決の一助となるかもしれません。


3D印刷技術を活用した食用チキンナゲット ロシアKFCが開発着手を発表 (画像はKFC ASSET LIBRARYより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.