ニュース
» 2020年07月22日 18時00分 公開

猫はどこまで“液体化”するのか!? 隙間をニュルンと通り抜ける猫ちゃんの検証動画がかわいい(1/2 ページ)

猫の魅力は無限大。

[春夏冬つかさ,ねとらぼ]

 体を自由自在に操る猫たちが、どこまで“液体化”できるのかを検証した動画がYouTubeで公開されています。


ニュルン

 猫が自身の体より小さな箱に入ったときや、わずかな隙間にニュルンと入っていく姿を見たとき、私たちは「猫は液体なのでは」と疑いたくなってしまいます。そこで、チャンネル登録者数137万人の人気ニャンコYouTuber・Pusicの飼い主さんが検証。

 Pusicがよく使う通路の上に壁を設置して、下に隙間を作ります。その隙間を20センチ、17センチと、徐々に狭くしていくという仕組みです。Pusicはどこまで液体化できるのでしょうか?


液体猫 10センチまでは簡単に通れるようです。

 序盤の20センチ、17センチ、14センチ、12センチは難なくクリア。体全体をウエーブするように動かしてスルンとくぐり抜けていきます。続く10センチは、少し腰が引掛りましたが、上半身でぐいっと引っ張って通り抜けに成功。回数を重ねると慣れてくるのか通過するスピードが早くなります。

 ここからが難関です。8センチの隙間を前にPusicは戸惑いを見せます。「ちゃんと通れるかニャ?」と慎重に様子を見たあと、頭をぐっと入れて、体をゆっくりと通していきます。おしりからの映像がたまりません。


液体猫 頑張るおしりが超絶キュート

 最後は7センチ! 先ほどと同じように頭を入れて通ろうとしますが、うまく頭が通りません。Pusicは左右を行ったり来たりしながら数回挑戦してみますが、「頭が通らない=通れない道」ということなのか、断念してしまいました。

 結果、Pusicは8センチまでなら液体化できるということがわかりました。頭以外は限りなく液体に近いといえるかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声