ニュース
» 2020年07月22日 18時00分 公開

猫はどこまで“液体化”するのか!? 隙間をニュルンと通り抜ける猫ちゃんの検証動画がかわいい(1/2 ページ)

猫の魅力は無限大。

[春夏冬つかさ,ねとらぼ]

 体を自由自在に操る猫たちが、どこまで“液体化”できるのかを検証した動画がYouTubeで公開されています。


ニュルン

 猫が自身の体より小さな箱に入ったときや、わずかな隙間にニュルンと入っていく姿を見たとき、私たちは「猫は液体なのでは」と疑いたくなってしまいます。そこで、チャンネル登録者数137万人の人気ニャンコYouTuber・Pusicの飼い主さんが検証。

 Pusicがよく使う通路の上に壁を設置して、下に隙間を作ります。その隙間を20センチ、17センチと、徐々に狭くしていくという仕組みです。Pusicはどこまで液体化できるのでしょうか?


液体猫 10センチまでは簡単に通れるようです。

 序盤の20センチ、17センチ、14センチ、12センチは難なくクリア。体全体をウエーブするように動かしてスルンとくぐり抜けていきます。続く10センチは、少し腰が引掛りましたが、上半身でぐいっと引っ張って通り抜けに成功。回数を重ねると慣れてくるのか通過するスピードが早くなります。

 ここからが難関です。8センチの隙間を前にPusicは戸惑いを見せます。「ちゃんと通れるかニャ?」と慎重に様子を見たあと、頭をぐっと入れて、体をゆっくりと通していきます。おしりからの映像がたまりません。


液体猫 頑張るおしりが超絶キュート

 最後は7センチ! 先ほどと同じように頭を入れて通ろうとしますが、うまく頭が通りません。Pusicは左右を行ったり来たりしながら数回挑戦してみますが、「頭が通らない=通れない道」ということなのか、断念してしまいました。

 結果、Pusicは8センチまでなら液体化できるということがわかりました。頭以外は限りなく液体に近いといえるかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」