ニュース
» 2020年07月23日 17時00分 公開

ゴールデンカムイにも登場 小樽の「旧青山別邸」が存続のためクラファン開始

アシリパさんがお便所を借りようとした建物です。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 ゴールデンカムイにも登場した、北海道小樽市にある「旧青山別邸」がクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で支援を募集しています。

photo 「旧青山別邸」のクラウドファンディングページ(画像はWebページより、以下同)

 旧青山別邸は大正時代ににしん漁で富を築いた青山家の別邸です。総工費は現在価格で30億円にも及び「にしん御殿」という愛称でも知られています。北海道でも歴史のある貴重な文化財として、漫画『ゴールデンカムイ』5巻の作中に登場した他、4巻の裏表紙にも描かれました。

 しかし新型コロナウイルスの流行によって、来場者が激減。建物の修繕・維持が困難な状況となったため、クラウドファンディングを開始しました。

photo 旧青山別邸の庭園
photo 木枠にはめられた一枚硝子など細部まで贅が凝らされています
photo アシリパさんが使おうとした有田焼のトイレも実在

 支援は1000円から可能で、リターンには「にしんの一本巻き(昆布巻)」が付くプラン(5000円)や「小樽産数の子 500グラム」が付くプラン(5万円)などを用意。また50万円の支援プランでは、旧青山別邸で豪華ランチを楽しめるリターンを用意しています。

photo 5000円の支援を行った人に送られる「にしんの一本巻き(昆布巻)」

 クラウドファンディングの目標金額は250万円、支援期間は8月28日までとなっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.