ニュース
» 2020年07月23日 16時35分 公開

「4−3=5+2」のぼうを1本動かして正しい等式にせよ パズルデザイナーの小4息子が考案した間題が超難問 (1/2)

数学者も悩ませたというその問題とは……!

[Kikka,ねとらぼ]

 パズルデザイナーの息子が考えた「ぼうを1本動かして、正しい等式にせよ」という問題が、超難問だとTwitterで話題を呼んでいます。数学者も悩ませたその問題とは……!

 ツイートを投稿したのは、プロのパズル作家として活躍する田守 伸也(パズル作家)@tamori_puzzlesさん。仕事仲間の息子で小学4年生の行人(ゆきと)さんが考案した問題を紹介しました。

行人(ゆきと)さんが考案した問題

間題 ぼうを1本動かして、正しい等式にせよ。

4−3=5+2


数式 クイズ 話題の等式クイズ

 田守さんはこの問題について「数学者さんを悩ませた面白い問題」とコメント。ツイートは1万8000件以上リツイートされた他、4万2000件以上の“いいね”も獲得し、大きな注目を集めた一方、正解者はなかなか現れませんでした。

行人(ゆきと)さんが考案した問題 解答編

 ここからは問題の答えを紹介します。ネタバレしたくない人はご注意ください。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.