連載
» 2020年07月27日 18時30分 公開

母親に支配される娘、それを傍観する父親 相談者が押し黙った大迫恵美子の厳しいコメントとは? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

ラジオ番組ではありえないほど長い沈黙。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは7月23日(木)放送の柴田理恵パーソナリティー回。

 妻と娘の折り合いの悪さを心配する相談者だが……。

テレフォン人生相談

妻は、娘を支配するコントロールマザー?

 相談者は62歳男性。妻54歳。娘30歳。息子26歳。どちらも独身、実家で暮らしている。

 「家内と家族の関係でちょっとご相談したいと思いまして……」

 相談者の妻は会社員としてフルタイムで働きながら、家事もバッチリこなす完璧主義者。しかし、その完璧さを娘にも求めるため、確執が生まれているという。

 「掃除とかが疎かだと、厳しく叱るというのが続いていまして。それに反発すると言い合いになって。家内が高圧的に言うもんですから、娘がヒステリー状態でこう、手足が硬直したりするようなことも見受けられまして。自立の芽を摘んでいるような気もしますし……」

 とはいえ娘も会社員として普通に働き、友達関係も良好だという。母親との関係だけが上手くいっていないのだ。柴田理恵が掘り下げる。

 「思春期の頃、たとえば中学高校の頃とかも大変だったんじゃないのかなって今ちょっと思ったんですけど」

 「その頃は、ただもう高圧的に言われて泣きながら我慢してたのが、大きくなって成長してきて、自我が発達したのにつれて反発するようになって、お互いにエスカレートして……」

 例のヒステリー症状による手足の硬直は、短大時代からはじまり、近年も何度か起こっているようだ。

 「どうして(娘は)同居してらっしゃるんですか?」

 「何年か前は『私はひとり暮らしするんだ』っていうことも言ってましたけど、現実的にできてないっていう感じですね」

 「言ってるだけでしてない?」

 「家内も『言うこと聞けないんだったら出ていって欲しい』と口では言っても、束縛しているというか。そういうような感じもするんで」

 普通に仕事もしていることだし、ひとり暮らしをはじめれば母親からも逃げられるのに……。お互いに反発しながらも依存し合っているような状態なのだろうか?

 妻は、娘が2〜3歳の頃から、箸の持ち方が悪いと手を叩くなど、厳しくしつけていたという。

 「見かねて『まだちょっと無理じゃないか?』とか言うと、『甘やかさないで!』っていうのが基本にありまして……」

 その後も、厳しすぎる妻に口を出そうとすると「私をアナタが非難するから、子どもが私をなめて言うこと聞かない!」と反論され、それ以上、何も言うことができないようだ。

 そんな妻だが、長男に対しては比較的甘いという。娘と息子が姉弟げんかをしていても、妻が割って入って息子の肩を持つのだ。

 「それも娘にはすごくトラウマになって。母親が弟の肩を絶えず持つんで、私がいる時に泣きながら『いつも2対1で、私はこういうことをされている』ということを言いますし。よく今、目にする“コントロールマザー”っていう傾向かなとも思いますんで」

 コントロールマザーとは、過干渉、否定、非難、罵倒、恫喝、暴力などの行為で子どもを支配しようとする母親のこと。

テレフォン人生相談

アナタは責任放棄してますよね

 この日の回答者は弁護士の大迫恵美子。

 「さっきから伺っていると、葛藤ある家庭の中でね、(相談者は)あまり渦中にいなくて、離れたところから見ている人みたいでね。アナタ自身はこのご家庭の中で、どういう位置だと思っています?」

 「どういう位置って言われると……」

 「問題のある家庭の中でね、アナタが自分の役割として、何をされようとしてるのかなっていうのが、もうひとつ分からないんですよね」

 確かにそうなのだ。娘に対する妻の行動に問題があるのは間違いないが、それを分かっていながら傍観者のようになっている相談者に違和感がある。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  5. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  6. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  7. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  8. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  9. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」
  10. /nl/articles/2104/10/news044.jpg 「Excelは印刷するまで信じるな」 新社会人がやりがちな“Excel失敗あるある”に「何度騙されたことか」と反響

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声