ニュース
» 2020年07月27日 15時56分 公開

花札にハマった女の子が図柄の独自解釈を始める 「あ可よろし」→「あの、よろしいですか」に変換

「松に鶴」は「ツンデレの鶴」に。よく見ると確かにそんな表情だわ……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 花札にハマって図柄の意味を独自解釈し始めたという、女の子が描いたイラストがかわいいです。例えば、「あ可よろし」(※)の赤短札なら、「あの、よろしいですか」。「いいよ」と返事の札まで添えられていてほのぼのします。

※「可」の箇所は本来「か」の変体仮名



花札 変体仮名のせいで「あのよろし」に見える「あかよろし」を、「あの、よろしいですか」と解釈

花札 「柳にツバメ」は、ツバメがオバケを怖がる様子に

花札 「松に鶴」の鶴はツンデレ化。むしろ新ジャンル「ツルデレ」

花札 「紅葉に鹿」は、カービィが鹿のもとへ飛来するワクワクのシーンに

花札 「桐に鳳凰」

 投稿主はTwitterユーザーのjun1s(@jun1s)さん。「こいこい」を次女に教えたところ、やたらハマって絵を描き始めたそうです。

 「柳にツバメ」を「オバケを怖がる鳥」に見立てたり、「紅葉に鹿」の紅葉をワープスターで飛ぶカービィに置き換えたり、自由な発想で描かれた札は「全48種作って商品化してほしい」「かわいらしくて花札に興味出てきた」などと好評。jun1sさんはオマケに、娘さんのオリジナル札「竹に短冊」も披露しています。赤短に書かれた「みだしなみ」の語感がそこはかとなくあはれ。


花札 「竹に短冊」

画像提供:jun1s(@jun1s)さん

参考:花札の歴史・遊びかた(任天堂公式サイト)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」