ニュース
» 2020年07月27日 15時56分 公開

花札にハマった女の子が図柄の独自解釈を始める 「あ可よろし」→「あの、よろしいですか」に変換

「松に鶴」は「ツンデレの鶴」に。よく見ると確かにそんな表情だわ……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 花札にハマって図柄の意味を独自解釈し始めたという、女の子が描いたイラストがかわいいです。例えば、「あ可よろし」(※)の赤短札なら、「あの、よろしいですか」。「いいよ」と返事の札まで添えられていてほのぼのします。

※「可」の箇所は本来「か」の変体仮名



花札 変体仮名のせいで「あのよろし」に見える「あかよろし」を、「あの、よろしいですか」と解釈

花札 「柳にツバメ」は、ツバメがオバケを怖がる様子に

花札 「松に鶴」の鶴はツンデレ化。むしろ新ジャンル「ツルデレ」

花札 「紅葉に鹿」は、カービィが鹿のもとへ飛来するワクワクのシーンに

花札 「桐に鳳凰」

 投稿主はTwitterユーザーのjun1s(@jun1s)さん。「こいこい」を次女に教えたところ、やたらハマって絵を描き始めたそうです。

 「柳にツバメ」を「オバケを怖がる鳥」に見立てたり、「紅葉に鹿」の紅葉をワープスターで飛ぶカービィに置き換えたり、自由な発想で描かれた札は「全48種作って商品化してほしい」「かわいらしくて花札に興味出てきた」などと好評。jun1sさんはオマケに、娘さんのオリジナル札「竹に短冊」も披露しています。赤短に書かれた「みだしなみ」の語感がそこはかとなくあはれ。


花札 「竹に短冊」

画像提供:jun1s(@jun1s)さん

参考:花札の歴史・遊びかた(任天堂公式サイト)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2008/09/news006.jpg お風呂に入れられ激オコ顔の猫ちゃん しかし…… ギャップのあるリアクションが面白かわいい
  3. /nl/articles/2008/10/news030.jpg 漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/10/news005.jpg 犬「わーい!」→「なんか違った……」 プールに入ったポメラニアンの表情ビフォーアフターがかわいい
  6. /nl/articles/1811/13/news086.jpg 「ババアはいらねぇ」「死んじまえ」 ディズニーランドの“キャラクター出演者”がパワハラ巡り訴訟 原告が「ゲストの夢最優先してきたが限界」と涙の訴え
  7. /nl/articles/2008/10/news010.jpg 友達は数じゃない、年齢や肩書でもない――年齢も立場も全く違うゲーム友達を描いた漫画に「素敵な関係」
  8. /nl/articles/2008/09/news019.jpg ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
  9. /nl/articles/2008/10/news025.jpg 「紙の呼吸 壱ノ型!」 段ボールで作った『鬼滅の刃』“伊之助の被り物”が「伊之助そのもの」「欲しい」とTwitterで絶賛
  10. /nl/articles/2008/10/news001.jpg 「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー