ニュース
» 2020年07月31日 11時10分 公開

「Microsoft Edge」アドレスバーに文字を入力するとクラッシュする不具合 マイクロソフトが回避策を案内

マイクロソフトは一時的な対処方法を案内しています。

[ねとらぼ]

 マイクロソフトが提供するWebブラウザ「Microsoft Edge」で、アドレスバーを使った検索時に「Google」を検索エンジンに指定すると、文字を入力した途端ブラウザがクラッシュする不具合が発生中です。マイクロソフトは7月31日、原因を調査中であるとした上で一時的な対処方法を案内しています。

 対処方法は、設定で「入力した文字を使用して、検索とサイトの候補を表示する」の項目を「オフ」にすること。また、検索エンジンを「Google」から「Bing」など、他のサービスに切り替えることでも回避可能です。


アドレスバーの検索エンジンを「Google」に設定していると、1文字入力しただけでブラウザがクラッシュします。画像はクラッシュ後の復元画面

 設定項目は「設定」→「プライバシーとサービス」→「アドレスバー」から表示できます。


「設定」→「プライバシーとサービス」→「アドレスバー」を開く

「入力した文字を使用して、検索とサイトの候補を表示する」の項目を「オフ」にするか、検索エンジンを「Bing」などに変更しましょう

検索エンジンを変更すればクラッシュを回避しつつサジェスト機能を利用できます


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.