ニュース
» 2020年07月31日 22時27分 公開

とらのあな、横浜店・仙台店・町田店・京都店が閉店へ 「現在の状況では店舗運営できない」 (1/2)

一方で通信販売の利用者は増加中。

[ねとらぼ]

 漫画関連商品などを販売する「とらのあな」の仙台店、横浜店、町田店、京都店が8月に閉店となることが、とらのあな公式サイトで発表されました。



 発表によると、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響により、2020年3月以降の店舗利用者が大きく減少。現在の状況下では店舗運営が継続できないと判断し、今回の決定に至ったそうです。

 「25年前に秋葉原の一店舗からスタートし、これまで多くのクリエイターの皆様やお客様に店舗をご愛顧いただいた弊社といたしましては、苦渋の決断」とする一方で、通信販売の利用者が増加し続けていることも報告。

 また、「店頭は新たなお客様と作品の出会いの場」として、豊橋店で展開している他社様との連携を含めたインショップ展開を9月以降から断続的に実施。また、夏からはクリエイターから利用者に直接配送する「匿名配送」サービスも開始される予定です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.