ニュース
» 2020年08月02日 11時00分 公開

毛は伸び、汚れ……道路をさまよう犬を救助 カットとシャンプーでさっぱりとしたかわいい姿に! (1/2)

新しい家族も見つかりました!

[かのん,ねとらぼ]

 米カリフォルニア州ロサンゼルスで活動する非営利動物救助組織「Hope For Paws」が、毛がボサボサに長く伸びた犬を救助する様子をYouTubeの公式チャンネルで公開。35万再生を突破しています。

車の下にいるという犬を救助しにきた職員たち

 「車の下に、2匹の犬がいる」という救助の依頼をうけ「Hope For Paws」の職員たちは現場に向かいました。依頼を受けてから15分で現場に到着したものの、そのときには1匹の犬は誰かが連れ去った模様。

 残る1匹は、毛がボーボーに伸びて動きにくそうな体ながら、道路を横切り車の下に潜り、職員たちから逃げようとしています。車の下に潜ったところに慎重に近づき、輪っかをかけて救い出した犬は、伸びた毛に土やほこりがついたのか、全身汚れていました。

犬 まるでモップのようにも見える伸びた毛

 職員はこの女の子犬を「ヘイリー」と名付け、歯の様子やチップが埋め込まれていないことなどをチェックしたら、すぐに車で病院へと連れていきました。まずヘイリーに必要なのは伸び放題に伸びた毛のカット。

 バリカンで丁寧にカットし、シャンプーを施すと、本来のスラっとした体があらわれます。あれだけの毛の長さと量になるまで、いったいどれだけのあいだ野良犬として外をさまよっていたのかを考えると、胸が痛くなりますね。

犬 カットしたらこんなにスッキリ!

 ヘイリーは病院でメディカルケアを受けたあと、「Foxy and the Hounds」という非営利犬救助組織に預けられ引き取り先を探すことになりました。そしてほどなく、新しい家族が見つかったのです! 新しいおうち、新しい家族のもと、元気に遊び走るヘイリー。毛もほどよく伸びてきて、白くてホワっとしたヘイリー本来の姿を見せてくれました。

 外で過ごす不安な毎日から、安全で安心な“おうち”で暮らす日々へと救われたヘイリー、これからは家族に愛情をたっぷりと受け、幸せに過ごしていってね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/13/news118.jpg “廃棄前提”炎上ツイートで注目の温泉旅館 オンラインサロン運営者の「炎上マーケティング大成功」発言を「事実無根」と否定
  2. /nl/articles/2008/12/news118.jpg 「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も「驚いている」
  3. /nl/articles/2008/12/news022.jpg レジ袋有料化でケーキ屋さんが心配していることは? 店員さんが描いた漫画に反響集まる
  4. /nl/articles/2008/12/news109.jpg トヨタ・プリウスを煽りまくった日産エクステラ、隣を走っていただけのマツダMPVを巻き込んだ大事故を起こし逃走
  5. /nl/articles/2008/13/news015.jpg 親とはぐれたウリ坊を保護→先住ワンコと超仲良しに! 寝転んでじゃれ合う姿に癒やされる
  6. /nl/articles/2008/13/news082.jpg 山奥に停まっていた古いクルマを覗いてみたら…… 意味が分かると後から「ひっ!!」となる漫画が怖い
  7. /nl/articles/2008/13/news010.jpg 憧れのゲーム会社に入社した女の子が社畜の道へ…… ところどころ実話な漫画『ますたーあっぷ!』に震える
  8. /nl/articles/2008/12/news024.jpg 「あるある」「何度同じことやられたか」 実家の猫の謎行動を描いた漫画に共感の嵐
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2008/12/news003.jpg 「ラッシー飲んでから行かないくていいノ!?」 インドカレー屋で超ラッシー好き認定されていた漫画に笑いとほっこり