ニュース
» 2020年08月02日 09時00分 公開

これでもうマスクを忘れない! 帽子とマスクが一体型になった「ハイドアマスク」

ストレスフリーでマスクの持ち歩きができる。

[関口雄太,ねとらぼ]

 帽子とマスクがまとまっていて持ち運びに便利な「ハイドアマスク(HideaMask)」が米クラウドファンディングサイトKickstarterに登場しました。マスクをバイザー裏に搭載していて、手軽に着脱できます。


帽子とマスクが一体型になった「ハイドアマスク」 マスクの持ち運びが手軽に 指先だけですばやく取り付け

帽子とマスクが一体型になった「ハイドアマスク」 マスクの持ち運びが手軽に 指先だけですばやく取り付け

 「ハイドアマスク」は、キャップにマスクを備え付けることでマスクの持ち忘れを予防します。マスクは折りたたみ構造となっていて、キャップのひさし部分にぴったりとくっつけてしまえる仕組みです。マスク下に付いた布をつかみ、あごのあたりまで引き出し、鼻の付け根を微調整するだけでマスクを取り付けられます。


帽子とマスクが一体型になった「ハイドアマスク」 マスクの持ち運びが手軽に 引き出して微調整するだけで装着完了

 キャップとマスクにマグネットを内蔵しているので、折りたたみ時にはしっかりと吸着。キャップがマスクの位置を固定するので耳に負担をかけず、痛みを感じない設計です。マスクは着脱式で洗濯に対応。特殊形状で顔全体を余すことなく覆うことができます。


帽子とマスクが一体型になった「ハイドアマスク」 マスクの持ち運びが手軽に マグネット構造や着脱式など実用性がある

 帽子のカラーは複数種類の展開となっていて、マスクの色もキャップになじむように工夫されています。また、プレミアムオプションとして、国旗などの刺しゅうが入ったデザインも登場。

 クラウドファンディングでは、26ドル(約2700円)以上の支援で通常版、29ドル(約3000円)でプレミアム版を受け取りできます。ただし発送は地域限定となっているため、日本国内への発送は対応していません。


帽子とマスクが一体型になった「ハイドアマスク」 マスクの持ち運びが手軽に 豊富なカラーとデザイン展開

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.