ニュース
» 2020年08月02日 12時45分 公開

いっ 1歳〜〜〜ッッッ! 成長によりニンゲンとニンゲンのコミュニケーションが取れるようになると“沼”にズブズブはまっていく漫画 (1/2)

私のボールを返してくれるという意思疎通の喜び。

[ねとらぼ]

 1歳の息子さんと積み木で遊んでいる日常の一場面――。母親がブロックを積んでいく緊張感をともに共有し、積むのを代わった息子さんが勢いにまかせてブロックを弾き飛ばしてしまい一緒に笑顔……あれ、これってニンゲンとニンゲンのコミュニケーションでは?

ニンゲンとニンゲンのコミュニケーション

 よくある何気ないやりとりから“成長”を垣間見ることができ、そのいとおしさから「1歳は1歳で沼」とずぶずぶにつかっているとツイートしたのは、お子さんとの日々を漫画にして公開している倉田けい(@kurata_kei)さん。

 今までは言葉や行動が「一方通行だった私のボール」も、ここ最近は反応を返してきてくれるようになり、あらためて1歳という成長を感じられたんだとか。「成長や行動はヒトによって全然違うみたいなので、あくまでうちの1歳の息子をうちの0歳の息子と比べて感動してる話」と断っていますが、特に子育ての経験がある読者からは「ふとした時に、ひ、人だぁ〜ってなりますよね」「コミュニケーションができた瞬間って何とも言えないものが込み上げてきます」と自身を振り返りほっこりしたとの反応が多数寄せられています。

 乳児とは言葉での意思疎通も難しく、彼らが何を求めているのかを知るためには経験で補う部分が大きいと思います。育児は時に追い詰められたリ、体力も精神も消耗することもあるかと思いますが、こうしたちょっとした成長を感じることで補われる側面もあるのではないでしょうか。

 倉田さんはちょっと前までは息子さんが成長していく寂しさでメソメソしていたこともあったとのころですが、好みも明確になってきて好きな絵本を繰り返し「読んで」とばかりにせがんでくるなど、今は今のかわいさを感じ、1歳の“沼”にズブズブとハマっているのだとか。まぁ、すぐに2歳の“沼”がやってくるんですけどね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」