ニュース
» 2020年08月02日 14時00分 公開

マツダ100周年、セリカ50周年、ピーキー過ぎるニーハン6気筒 「往年の名車」のカッコよさにしびれる(2/3 ページ)

[志田原真俊,ねとらぼ]

「タイプR」に受け継がれるレーシングスピリットを伝えるホンダブース

オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ シビック タイプR(2020年マイナーチェンジ版)

 ホンダブースは、赤いエンブレムでおなじみのスポーツグレード「タイプR」に脈々と受け継がれるレーシングスピリットをテーマとした展示でした。

 同社は創業者・本田宗一郎氏の意向で、技術を磨き市販車の品質向上につなげていく目的で伝統的にモータースポーツ活動を重視していることで知られます。その技術や思想を色濃く受け継いできた市販シリーズがタイプRです。

 会場ではフルモデルチェンジもうわさされ、現行のFK8型としては最終仕様になるとみられるマイナーチェンジ版の「シビック TYPE R」が公開されました。

 同モデルの特別仕様車は先日、鈴鹿サーキットのFF車最速ラップタイムを更新(関連記事)。成熟した走りが期待されます。感染症流行の影響で延期されていた日本発売時期も、晴れて2020年10月に決定しました。

オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ RC166とRA300

 2輪・4輪両方のレースで結果を残した黄金期のマシンとして、1960年代のF1マシン「RA300」と2輪レーサーの「RC166」の2台を展示。どちらも普段はツインリンクもてぎのホンダコレクションホールに保管されている動態保存車です。つまり、今も走れる状態が保たれている車両です。

 RA300はホンダF1参戦第1期時代の葉巻型フォーミュラカーで、自然吸気の3リッターV12エンジンをわずか590キロのボディーに搭載。走るために最低限必要なもの以外は全て削ぎ落として速さだけを追求したような姿には、現代のマシンとはまた違った独特のすごみがあります。

オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ RC166

 RC166の最大の特徴はエンジンにあります。排気量250ccで何と6気筒(!)。例えばヤクルト1本が65mlですから、1気筒当たりの排気量はそれよりも小さいわけですね……。

 ピーキーで繊細なメカは、4ストローク車でライバルの2ストローク車に勝つという難題に挑戦したこの時代のホンダのレースマシンにしかないもの。車重は約114キロ、最高出力は毎分1万8000回転で60馬力以上とされています。「……過ぎて、お前にゃ無理だよ」そんなマシンが本当にあったのです。

トヨタブースはまさかの「セリカ」特集

オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ 「ダルマセリカ」こと初代セリカ

 トヨタ自動車/トヨタ博物館ブースの展示テーマは今回、事前に予告されておらず「行ってからのお楽しみ」状態でした。見てみてびっくり! 何と、生誕50周年を迎えたスポーツクーペ「セリカ」特集でした。

 メーカー系の展示で現行ラインアップにも既にない車種が主役とは意外かもしれませんが、考えてみれば現行主力スポーツカーであるGRスープラの源流はセリカ(セリカXX/ダブルエックス)ですし、現行ヤリスが活躍するWRC参戦車両は、かつてセリカ GT-FOURでした。「GR-FOUR」と呼ぶシステムで四駆化したGRヤリス(関連記事)の先祖ともいえます。

 セリカの車名はラインアップから消えて久しいですが、今のトヨタを代表する2大スポーツカー「GRスープラ」「GRヤリス」はどちらもセリカがなければ存在しなかったかもしれません、ということでしょう。

オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ セリカ GT-FOUR(ST165型)のラリー仕様(1990年WRCサファリラリー優勝車)

 展示されたセリカは全部で3台。通称「ダルマセリカ」として知られる初代セリカの市販車(1973年式)、4代目の時代に米国IMSAシリーズを戦ったレースマシン(1988年)、そしてセリカといえばやっぱりラリーマシン。こちらは1990年WRCサファリラリーの優勝車です。

 また、旧車の純正廃盤部品を再生産する「GRヘリテージパーツプロジェクト」の一環として7月に発表した「2000GT」の再生産パーツ(関連記事)も展示し、注目を集めていました。

 再生産する部品はトランスミッションやデフ周りの消耗部品が中心ですが、2020年時点で入手できるトヨタ純正部品のなかに2000GTに流用可能な物が100点以上あるといい、会場では入手可能な対応パーツのリストも公開していました。希少で高額なクルマですが、それだけ「熱いファン」がいて「乗るためならば、お金に糸目を付けない層」が世界にいることを思わせます。



フォトギャラリー

オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ オートモビルカウンシル トヨタ ホンダ マツダ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」