ニュース
» 2020年08月03日 10時13分 公開

マイクロソフト、TikTok米国事業の買収に向けて交渉を継続すると明らかに

「MicrosoftはTikTok買収に向け交渉していたが、大統領の反発を受けて中断した」と報じられていました。

[ねとらぼ]

 米Microsoftは8月2日(米国時間)、中国企業が提供する動画共有サービスTikTokの米国事業を買収する交渉を継続する用意をしていると発表しました。同社が買収について公表するのは初めて。

マイクロソフト TikTok 買収交渉 発表文

 TikTokをめぐっては、ドナルド・トランプ米大統領が安全保障上の懸念から米国内で同アプリを禁止する意向を明かしています。また、「MicrosoftはTikTok買収に向け交渉していたが、大統領の反発を受けて中断した」と報じられていました。

 同社は、サティア・ナデラCEOとトランプ大統領が話し合った結果、買収交渉を継続するとしています。「大統領の懸念に対処することは重要だと理解しています。買収にあたっては徹底したセキュリティの評価を行い、米国への経済的利益を提供します」ともコメント。

サティア・ナデラ マイクロソフト ナデラCEO
トランプ大統領 トランプ大統領(ホワイトハウス公式サイトから)

 数週間以内にTikTok親会社であるByteDanceとの協議に入り、9月15日までに完了する予定。最終的な結果が出るまでは情報の公開はしない意向も述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10