ニュース
» 2020年08月03日 20時00分 公開

「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと(1/2 ページ)

「ちゃんとした母親像」に追い詰められた作者が、漫画で当時を振り返ります。

[ねとらぼ]

 幼児連れの女性がスーパーでポテトサラダを買おうとしていたら、見知らぬ年配の男性が「母親ならポテトサラダぐらい作ったらどうだ」と言って去っていった……。そんなツイートが、2020年7月に話題になりました。3人のお子さんを育てる龍たまこさんが、この「ポテトサラダ事件」について考えたことを漫画にしています。




育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ

 龍さんは基本的にポテトサラダを作ることはなく、「手間かかるし買った方が美味しい!」と考えています。ポテトサラダに限らず、揚げ物のように幼児のいる家庭では危険な作業が伴う料理については、お惣菜を頼っているそうです。

 動き回る子どもの面倒を見ながら揚げ物をしたり、複雑な工程の料理を作るのは、とてもハードルの高いこと。効率の面から考えても、お惣菜はとても有用であると言えます。

 今でこそお惣菜を積極的に利用している龍さんですが、かつての龍さんはまったく違う考え方を持っていました。第一子である娘さん・すみれちゃんが生まれたころ、龍さんは手作りの食事にこだわり、お惣菜やコンビニの食べ物の購入を徹底して避けていたといいます。「お母さん」なら、多少つらくても家族のために毎日温かい食事を手作りするのが当たり前……。当時の龍さんは、本気で思っていたのでした。




育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ


育児漫画エッセイ

 しかしその考えを本気で信じて実行していた龍さんは、育児ノイローゼになっていきました。それでも「母親だから」と耐えていたところ、ある日突然限界がやってきて、「ブレーカーが落ちるように」うつ病を発症してしまったのです。

 うつ病の影響で龍さんは料理のやり方が突然わからなくなってしまい、キッチンで立ち尽くしたまま「どうしようどうしよう わたし母親なのに」と混乱してしまうこともあったといいます。龍さんは自らを責め、絶望的な気持ちに陥りました。「もし、この状態の時にあのポテサラみたいなこと言われてたら… どんなにショックだったか想像もできない」。龍さんは当時をそのように振り返ります。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる