ニュース
» 2020年08月04日 18時10分 公開

銚子電鉄の“自虐お楽しみ袋”が人気! その名は「鉄道会社なのに自転車操業ギフトセット」

これ以上に分かりやすいネーミングはない。

[Kikka,ねとらぼ]

 銚子電鉄がイオンで販売しているお楽しみ袋が、自虐的なネーミングで話題を呼んでいます。その名は、銚子電鉄「鉄道会社なのに自転車操業ギフトセット」。

 話題のきっかけになったのは、Twitterユーザーのなかのひと@yukkuriNANAYONさんが投稿した「お外で売ってた もう名前の付け方が・・・なるほどね、完全に理解した」というツイート。

 オリジナルお楽しみ袋が販売されている、イオン銚子店「うまいもの千葉」特設コーナーの画像を添えたところ、8300件を超える“いいね”や、「コンセプトがはっきりわかるというか現実が!w」「説得力半端ねー」といった声が寄せられています。


銚子電鉄 話題の販売コーナー

銚子電鉄 衝撃のネーミング

反響はいかに 銚子電鉄を取材

 ねとらぼ編集部が銚子電鉄を取材したところ、イオン銚子店で「鉄道会社なのに自転車操業ギフトセット」の取り扱いが始まったのは7月下旬ごろのこと。

 店頭に並んでからの評判は上々で、1000円で販売されているお楽しみ袋の中には、自虐的なネーミングで鉄道ファンを驚かせた「まずい棒」、鉄道収入の減少を補うために鉄道員が考案して好評を博した「ぬれ煎餅」、バナナカステラいったンダムなお菓子と鉄道グッズなど、2000円相当が入っているといい、現在もイオン銚子店にて発売中だそうです。

 また銚子電鉄では、超C(銚子)級エンターテインメントを掲げた映画「電車を止めるな!」を制作中。8月下旬ごろの公開を目指しているとのことでした。

画像提供:なかのひと@yukkuriNANAYONさん

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン