ニュース
» 2020年08月04日 22時00分 公開

日本初の光るLEDマンホール 「涼宮ハルヒ」「らき☆すた」などイラスト入りで埼玉県所沢市に登場

設置場所は所沢市の「ところざわサクラタウン」周辺です。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」などのイラストを描いた発光するLEDマンホールが、埼玉県所沢市に登場しました。

photo LEDマンホールのデザイン

 LEDマンホールは、埼玉県所沢市が新たな広告用デザインのマンホールとして開発したもの。電力は近傍に設置したソーラーパネルでまかなっており、環境に配慮しつつ、夜間の防犯対策にもなります。これまで設置されたLEDマンホールはないため、KADOKAWAによる設置が初めてとなります。

 このLEDマンホールに、KADOKAWAがイラスト広告を掲出。同社の人気作品「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「とある魔術の禁書目録」など合計23作品のデザインが28カ所に設置されています。

photo LEDマンホールの仕組み
photo 発光によって見え方も微妙に差が出ます

 設置場所はJR武蔵野線東所沢駅から「ところざわサクラタウン」に向かう歩道です。ところざわサクラタウンはKADOKAWAが運営を手掛ける「COOL JAPAN FOREST構想」の拠点施設で、KADOKAWAの新オフィスやイベントスペース、角川武蔵野ミュージアムなどを擁し、2020年11月6日にグランドオープン予定。

photo LEDマンホールの設置場所

(C)鎌池和馬 2020/(C)長月達平/(C)創通・サンライズ/(C)EDIT/(C)2020 ATA/HCS/(C)朝霧カフカ・春河35/(C)Take/KADOKAWA 2020/(C)安彦良和/(C)谷川流/いとうのいぢ/(C)美水かがみ/KADOKAWA/c神坂一・あらいずみるい/(C)Koushi Tachibana,Tsunako/(C)Kugane Maruyama/(C)Reki Kawahara 2018/(C)賀東招二・四季童子/(C)Hajime Kamoshida 2014/(C)カラー/(C)水野良・グループSNE・出渕裕/(C)Mine Yoshizaki/(C)Isuna Hasekura 2006/(C)暁なつめ・三嶋くろね/(C)Keiichi Sigsawa 2011/(C)土日月・とよた瑣織



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10