ニュース
» 2020年08月05日 14時30分 公開

お気に入りのヘルメットがスピーカーに変身!? 後付け骨伝導インカムシステム「HeadTooth」が何かすごそう!(1/2 ページ)

耳をふさがず、比較的簡単に後付け。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 愛用ヘルメットをスピーカー付きスマートヘルメットに変える……! という後付けキット「HeadTooth」が発表されました。クラウドファンディングサイトのMakuakeで、先行割引を含むプロジェクトキャンペーンが行われています。

ヘルメット スピーカー 骨伝導 ヘルメット用の後付け骨伝導システム「HeadTooth」

 HeadToothは、骨の振動で音を聞く「骨伝導」の技術を使い、バイク用、スキー用のヘルメット全体をスピーカーにして音を鳴らすシステムです。Bluetoothでスマートフォンなどと接続でき、耳をふさがずナビの指示音声などを聞けます。マイクも付属し、ハンズフリー通話用のヘッドセットとしても使えます。

 一般的に、バイク用ヘルメットにスピーカーやインカムシステムを装着するには、内装を外してスピーカー本体やケーブルを仕込む加工を施す必要があります。装着の難易度とともに、耳当て部分に圧迫感が出たり、内装の固定方法や製品によってはうまく収まらなかったりといったトラブルも起こり得ます。

 HeadToothはヘルメットの外側に取り付けるだけ。装着感を変えずに比較的容易に導入でき、耳をふさがないことをウリとします。

ヘルメット スピーカー 骨伝導 ヘルメット全体をスピーカー化する仕組みで、ヘルメットの装着具合を損ねず、耳をふさがない

 スピーカーは2W×2のハイパワー仕様で、時速80キロの走行中に十分聞き取れる性能を確保。本体はIPX6規格の防水仕様で、雨天時もそのまま使えるとします。

 また、iPhoneの「Siri」やAndroidの「Google アシスタント」を呼び出す音声操作、Android版の専用アプリでは音声読み上げ機能にも対応。運転中に届いたメッセージの内容を自動音声で聞けます。

 価格は2万5000円前後、2020年11月末に出荷開始予定。キャンペーンで最大33%オフとする超早割特典などを用意します。

ヘルメット スピーカー 骨伝導 Bluetoothでスマホ連携が可能
ヘルメット スピーカー 骨伝導 市販ヘルメットへの装着例
ヘルメット スピーカー 骨伝導 フルフェイスヘルメットへの装着例
ヘルメット スピーカー 骨伝導 1万6900円となる超早割特典を用意


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10