ニュース
» 2020年08月06日 14時57分 公開

「プリコネR」の野球イベントが完全に「くまのプーさんのホームランダービー!」だと話題に 実際どこまでプニキなのか遊んでみた(1/2 ページ)

やきうの時間だー!

[オピオン,ねとらぼ]

 スマートフォン&PC用ゲーム「プリンセスコネクト!Re:Dive(以下、プリコネR)」に、あの「くまのプーさんのホームランダービー!(通称プニキ)」のようなゲームが追加されたと一部で話題になっています。実際どこまでプニキなのか、ゲームのインストールから始めたらどれくらいで遊べるようになるのかなと試してみました。



見て察し、触って確信する「プニキ」らしさ

 話題の中心となっているのは、「プリコネR」の期間限定イベント「ミサトサマーエール! 夢追う真夏のナイン(以下、サマーエール)」でプレイできるミニゲーム「ホームランドリル」。このミニゲームはバッターを操作してピッチャーの投げる球を打ち、ヒットやホームランを狙っていくものです。イベント自体が野球をテーマにしているので、バッティングがミニゲームになっているのはごく自然な話。ですが「プニキ」を知っていると最初に目に入るビジュアルからして100エーカーの森の気配を感じてしまいます。


プリコネ プニキイベント のどかなBGMが聞こえてきそうなバッティングシーン

プリコネ プニキイベント こちらは本物のプニキ

プリコネ プニキイベント 比較

 キャラクターの見た目などは、当然「プリコネR」のもの。でありながら、ピッチャーとバッターしかいない試合形式や、それに伴って野手がいない空間を飛ぶ打球など目に映るさまざまな要素がなんとなく「プニキ」に変換されます。

 そして、実際に触ってみるとより「プニキ」感が増すように。バッターボックス上をスライド移動してバットの位置を調整する点や、その移動の絶妙な遅さ。一方でバットは高速で振られるため、慣れるまでは10球中たった1本のホームランを狙うことさえ大変なゲーム性。初めて「プニキ」を遊んだころのような気持ちになれました。


プリコネ プニキイベント “なぜか”打球を斜めからではなくほぼ真上から映すカメラアングルを採用

プリコネ プニキイベント 慣れるまでは10球中1球しかまともに打てないのもざら

 もちろん、ピッチャーは難易度別に複数いて、それぞれ異なる球種を使用。高難易度のピッチャーは球が消えたり途中で加速したりする魔球を投げてくると、ここもまた“らしさ”が漂っています。

 また、「プニキ」感を後押しする要素として初期から使えるバッターのアヤネも重要です。アヤネはクマのぬいぐるみがくっついた鈍器を武器兼友達として大事にしているキャラクター。友達なのでこの鈍器に名前を付けているのですが、その名前がよりにもよって“ぷうきち”。バッターかバットかという違いはありますが、バッターボックスで“ぷう”が見られるという点も「ホームランドリル」と「プニキ」の共通点ですね。

 「プニキ」では鬼畜な投手陣に悩まされ、「プリコネR」では投球に頭突きを強いられ……野球はクマのぬいぐるみに厳しいスポーツのようです。


プリコネ プニキイベント ジグザグに曲がる魔球。これ、知ってる!!

プリコネ プニキイベント バットの名前が“ぷうきち”。この符合は何を意味するのか……?

 マウンドに立っているのはどうみても確かに女の子(一部男性ピッチャーも登板)。ですが、遊んでいるとどこかで100エーカーの森の動物たちが頭をよぎる。「ホームランドリル」は、そんなミニゲームです。

 ただ、冒頭で書いたように「ホームランドリル」は期間限定イベントで遊ぶもの(しかも「プリコネR」の育成アイテムなどの報酬付き)。そのため、ヒットとホームランを含めた飛距離の合計を基準にスコアが決まったり、バッターの育成要素がない代わりに累計スコアで能力の異なるバッターが使えるようになったりと、「プニキ」よりも詰みにくく時間がかからないように工夫がこらされています。


数時間でたどり着ける「ホームランドリル」への道

 こちらのイベントは8月14日までしか遊べませんが、「ホームランドリル」を遊べるところまでなら「サマーエール」の解禁に22個のメインクエスト、「サマーエール」内のクエストを15個クリアすると合計37個のクエストをクリアするだけでOK。

 クエスト中に詰まることはありましたが、詰まったらクリア済みのクエストで少しレベルを上げればなんとかなる印象。戦闘の高速化やオート機能が用意されているので、クエストをこなすのに手間がかかるということもありませんでした。自分は少し育成要素に触れつつ、プレイヤーLv17で「ホームランドリル」に到達(「プリコネR」はプレイヤーLvの値がキャラクターLvの上限)。スタミナやプレイヤーLvのあるスマホゲームを遊んだことがある人なら、ハードルの低さは伝わるかと思います。


プリコネ プニキイベント メインクエストは2-12までクリアすればOK

プリコネ プニキイベント どのゲージがHPを理解していなくても、失敗したらレベル上げでなんとかなります

 なお「プリコネR」では過去の期間限定イベントで遊べたミニゲームは主人公たちの拠点的な施設で遊べるようになっています。「サマーエール」終了後も「ホームランドリル」で遊べる可能性は十分にありそう……?


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」