ニュース
» 2020年08月06日 15時50分 公開

「アイマス」などアニメグッズ手掛けたアクアマリンが破産 コロナ禍によるイベント中止など影響 (1/2)

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で中国の工場の稼働が止まり、イベントが軒並み中止になる中、先の見通しが立たず資金繰りも限界となりました。

[ねとらぼ]

 アニメやゲームのキャラクターグッズを手掛けるアクアマリンが、破産開始決定を受けたと東京商工リサーチが伝えています

東京商工リサーチの速報

 同社は2011年創設で、「アイドルマスター」「Fate プリズマ☆イリヤ」「東方project」などのフィギュアを中心に商品開発を手掛け、「コミックマーケット」「ワンダーフェスティバル」などのイベントにも出店していました。

 2017年9月期には売上高約5億700万円をあげていたものの、2019年9月期に赤字を計上し、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で中国の工場の稼働が止まり、イベントが軒並み中止に。先の見通しが立たず資金繰りも限界となり、東京地裁に破産を申請しました。フィギュアの開発卸を手掛ける関連会社イージーエイトも今後、破産申請を予定とのこと。

 Twitterでは、同社と仕事をしたことのあるクリエイターのショックを受けたという声や、破産を嘆くファンがみられました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10