ニュース
» 2020年08月11日 17時00分 公開

ゼットンが“いる”ときのSEは「クマゼミの鳴き声」が元!? Twitterで飛び出した新説、円谷プロに聞いてみた(1/2 ページ)

【動画あり】「驚愕の事実」と特撮ファンをうならせた新説。

[Kikka,ねとらぼ]

 ウルトラシリーズに登場する怪獣「ゼットン」が“いる”ときに聞こえるSEは、“クマゼミの鳴き声”が元になっているのではないか――という説がTwitterに投稿され、特撮ファンの注目を集めています。


ゼットン ウルトラマン 人気キャラクター・ゼットン(筆者私物)

 この説を唱えているのは、同人サークル「SHOWTIME」でプリキュアの音楽研究本やフォント研究本などを制作している祥太(@shota_)さん。

 「ゼットンが『居る』ときに鳴るSEあるじゃないですか。あれ、実はクマゼミの鳴き声をテープスピード半分に落としたものなんですよ」とツイートしたところ、2万件を超える“いいね”が寄せられたほか、「す、すごい…!」「驚愕の事実」と驚きの声が上がっています。

 ツイートには祥太さんが検証したゼットンのSEの動画が添付されており、確かにセミの鳴き声が聞こえてきます。


ゼットン ウルトラマン ゼットンの声の波形

ゼットン ウルトラマン スピードを変えると確かにセミの鳴き声が……!

 「普段は音響とは特に関係ないエンジニア」だという祥太さんにお話を伺ったところ、「子どものころから東宝、円谷作品の音楽と効果音が好きで、怪獣の鳴き声など一通り速度を色々変えて聴き込んでいます。ゼットンもその中で気づきました」とのこと。 

 これについて円谷プロダクションにもお話を伺ってみたところ、明言は避けつつ「当時のクリエイター達が様々な工夫を凝らして生み出したことには違い無く、ファンの皆様には想像を巡らせながら様々な形で作品をお楽しみいただければ幸いです」との回答が寄せられました。

 なお祥太さんはゼットンのほかにも、ラドンの鳴き声からさまざまな怪獣の声が派生しているとの説。ラドンの鳴き声のうち最も長い音を125%で再生すると、後半部分がベロクロンになるという説などを動画付きで紹介しています。

画像提供:祥太(@shota_)さん

(Kikka)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響