ニュース
» 2020年08月12日 08時00分 公開

情報量がケタ違い 書籍『SF映画のタイポグラフィとデザイン』発売 SF映画をビジュアルから考察

数日かけてじっくり読みたい考察本。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 SF映画をタイポグラフィとデザインの側面から考察する書籍『SF映画のタイポグラフィとデザイン』がフィルムアート社から登場です。8月18日発売、3800円(税別)です。文字情報びっしりで、SF映画好きとデザイン好き両方においしい!

フィルムアート社 映画 論考
フィルムアート社 映画 論考

 1968年公開の「2001年宇宙の旅」をきっかけに、SF映画の語り口やビジュアルデザインが変わったとする考察をブログに投稿し、それをまとめたのがこの書籍。タイポグラフィとデザインの側面から、SF映画が未来感を出すためにどんなデザインを採用しているのかを、詳細に考察しています。とにかく事細かで、文字情報がとても多くて濃厚です。

フィルムアート社 映画 論考
フィルムアート社 映画 論考
フィルムアート社 映画 論考

 メインで登場するSF映画は「2001年宇宙の旅」の他に「スター・トレック」「トータル・リコール」「ブレードランナー/ファイナル・カット」など7作品。

 この他に比較対象として「マトリックス」からマーベル作品までさまざまなSF映画を使って、SF世界の構築、作品同士の関係性を解説しています。分析対象はタイポグラフィだけに留まらず、映画美術や建築にまで及び、完全にデザインオタクが考え抜いた考察本です。

フィルムアート社 映画 論考
フィルムアート社 映画 論考

 映画の考察は数あれど、ビジュアル面からのこれほど情報量の多い考察本はとても珍しく、デザイン好きだけではなくSF映画好きにも新しい発見があるかもしれません。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」