ニュース
» 2020年08月12日 19時30分 公開

ノスタルジックな「泊まれるスナック街」に注目 青森のスナックビルを看板や外装そのままにホテル化

11軒のスナックをテーマ別にリノベーション。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 青森県弘前市の歓楽街、鍛治町のスナックビルをホテルにリノベーションした、「GOOD OLD HOTEL」が近ごろ注目を集めています。つやめいたスナックのドアを開けると、酒場ではなく客室が!

スナック 見た感じ、地下街のスナック通りといった雰囲気

スナック 昔ながらの看板がまぶしい「ニューうさぎ」

スナック では、今夜はここで一杯……?

スナック しかしドアを開けた先はベッド

スナック 青森特産のリンゴをイメージした色調。全11室をテーマ別に仕立てているそうです

 昭和に栄えた集合施設「グランドパレス」のスナック11軒を、外装やドア、看板を生かして客室に改装。内装は照明や使えそうな造作を残しつつ、それぞれ異なるイメージに整えているそうです。年季の入ったシャンデリアや、かつてボトルが並んでいた飾り棚など、部屋ごとに見どころがあります。


スナック 「スナック感の強い部屋」の1つ「Den」

スナック

スナック スナック時代のシャンデリアが見もの

スナック スナック「ターゲット」

スナック お酒の棚がそのまま残っている

スナック スナック「アロー」

スナック

スナック 古風なランプがチャームポイント

 Twitterでは「コロナが終息したら泊まりたい」「青森に行きたい理由が増えた」「飲んで酔っ払ってそのまま泊まれるみたいな設定最高」と好評。

 ねとらぼ編集部は運営を担うキンキエステートの営業部長、野村昇平さんに開業の経緯など詳細を聞きました。


レトロとテクノロジーの融合した施設を

―― どういういきさつでスナックをホテルにリノベーションしたのでしょうか?

野村 弊社は全国で競売物件を仕入れてリノベーションを施し、保有もしくは売却をしており、今回のスナックビルも同様に購入しました。きっかけは、現地視察の際に、スナック時代の看板や内外装がそのまま残っていたことです。2019年当時のインバウンド需要や、宿泊施設のIT技術による無人運用の可能性、弘前の豊富な観光資源、青森の観光客数の増加傾向をふまえ、レトロとテクノロジーが融合した宿泊施設を企画しました。

―― 部屋の名前も元のスナックのままなんですね

野村 スナックはほぼ全て、その場所に残っていた看板を使わせていただいております。1軒のみ看板がなくなっていたので、同じ建物内に余っていた看板を持ってきました。ドアに貼られたシールなども、ほとんど当時のままとなっています。また、内装の一部や照明など使える部分はそのまま残して使っています。各部屋はそれぞれ全く異なる内装となっているので、リピートしていただいても楽しめるようになっています。


スナック

スナック 社興業の組合員章や各種届け出などもそのまま

―― 11の部屋で人気があるのは?

野村 ボトル棚が残る「ターゲット」が人気です。また、丸太が並んだコテージのような作りの「プードル」もおすすめです。ほかにも“リンゴ部屋”の「ニューうさぎ」など、今後は各部屋のコンセプトをより際立たせて、内装にもこだわっていければと考えています。


スナック

スナック 野村さんたちが三内丸山遺跡(縄文部屋)と呼んでいるという「プードル」

―― コロナ禍の影響はいかがでしょうか

野村 メインターゲットが国内外の観光客の方々でしたので、新型コロナの影響は大きく受けています。しかし、地元紙の記事に掲載していただいたり、地元弘前の飲食・宿泊事業向けのキャンペーンの影響もあり、少しずつ地元のかたがたに使っていただいている状況です。

 宿泊予約からチェックイン・チェックアウトまで、ホテルのスタッフとお客様は一度も対面せずにご利用いただけるので、このような状況ではありますが、少しでも安心して宿泊いただければうれしいです。

―― 行政などからの支援はありましたか?

野村 オープンと同時に弘前市旅館ホテル組合に所属させていただき、地元弘前の飲食・宿泊事業向けのキャンペーンである「食べて泊まって弘前応援キャンペーン」の対象ホテルになっています。7月22日から12月31日までの間、青森・秋田・岩手に在住のかたと一緒に宿泊いただくと、1人あたり1泊2000円の割引と、飲食券2000円分の特典が受けられてお得です。




 同社は弘前観光の拠点や、鍛治町で飲んだあとの宿泊手段に有用とアピール。コロナ渦が落ち着くころには地域の飲食店や観光産業と連携し、飲食店を巡るきっかけになるような「はしご酒プラン」なども検討しているとのことです。



※価格は記事掲載時点のものとなっています



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい