ニュース
» 2020年08月14日 07時30分 公開

このツバメ、人を便利な巨大生物と思っている? したたかに生きる野鳥の漫画がほほえましい

ヘビを追い払ったりヒナを拾ったり、人がいいように使われている。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 自宅に巣をかけたツバメに、いいように使われているかもしれない――。そんな日常を描く漫画がほのぼのします。


アイキャッチ 人が便利屋扱いされてる……?


 Twitterユーザーの大鳥(@Otori0704)さんが描いた体験談。ある日ツバメが仕事部屋の窓の外で騒いでいて、何事かと思って外に出ると、野良ネコが巣に前足を伸ばしていてびっくり。あわててシッシと追い払う大鳥さんでした。


1P

2P

3P

 その後もツバメはトラブルのたびに、窓の外で騒ぎ立てます。大鳥さんもヘビを追い払ったり、落ちたヒナを巣に戻したりと対応。そんな日々を振り返り、「僕のことを便利な巨大生物だと思ってるフシがある」とつぶやくのでした。ツバメがそこまで考えているかはさておき、人家に巣作りする習性は、人間の存在をアテにしてのことといわれていますしね。

 漫画には「恩返しがあるといいな」「頼られるのは気持ちがいいですね」「ツバメからすると『優しい巨人』なのかも」といった反応が寄せられました。「ヒナを巣に戻すなど、野生の生き物に人が関与していいものか?」と疑問視する声もありますが、京都市動物園の野生鳥獣保護センターは、ヒナが親鳥から学びを得て独り立ちできるよう、「巣に返すのが一番」としており、大鳥さんの判断は間違っていないようです。

 「人のにおいがついたヒナは、親鳥が面倒を見なくなる」とする説もありますが、同センターでは人が巣に戻したヒナが成長し、無事に巣立った事例が確認されているとのこと。「カラスが周囲にいないことを確認する」「刺激しないよう、親鳥が巣を離れたタイミングで戻す」「戻したらすぐ離れる」など注意点を挙げつつ、親鳥に戻すよう勧めています。

作品提供:大鳥(@Otori0704)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる