ニュース
» 2020年08月14日 07時30分 公開

このツバメ、人を便利な巨大生物と思っている? したたかに生きる野鳥の漫画がほほえましい

ヘビを追い払ったりヒナを拾ったり、人がいいように使われている。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 自宅に巣をかけたツバメに、いいように使われているかもしれない――。そんな日常を描く漫画がほのぼのします。


アイキャッチ 人が便利屋扱いされてる……?


 Twitterユーザーの大鳥(@Otori0704)さんが描いた体験談。ある日ツバメが仕事部屋の窓の外で騒いでいて、何事かと思って外に出ると、野良ネコが巣に前足を伸ばしていてびっくり。あわててシッシと追い払う大鳥さんでした。


1P

2P

3P

 その後もツバメはトラブルのたびに、窓の外で騒ぎ立てます。大鳥さんもヘビを追い払ったり、落ちたヒナを巣に戻したりと対応。そんな日々を振り返り、「僕のことを便利な巨大生物だと思ってるフシがある」とつぶやくのでした。ツバメがそこまで考えているかはさておき、人家に巣作りする習性は、人間の存在をアテにしてのことといわれていますしね。

 漫画には「恩返しがあるといいな」「頼られるのは気持ちがいいですね」「ツバメからすると『優しい巨人』なのかも」といった反応が寄せられました。「ヒナを巣に戻すなど、野生の生き物に人が関与していいものか?」と疑問視する声もありますが、京都市動物園の野生鳥獣保護センターは、ヒナが親鳥から学びを得て独り立ちできるよう、「巣に返すのが一番」としており、大鳥さんの判断は間違っていないようです。

 「人のにおいがついたヒナは、親鳥が面倒を見なくなる」とする説もありますが、同センターでは人が巣に戻したヒナが成長し、無事に巣立った事例が確認されているとのこと。「カラスが周囲にいないことを確認する」「刺激しないよう、親鳥が巣を離れたタイミングで戻す」「戻したらすぐ離れる」など注意点を挙げつつ、親鳥に戻すよう勧めています。

作品提供:大鳥(@Otori0704)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10