ニュース
» 2020年08月15日 11時30分 公開

まるで本物みたいだけど……? 精巧なミニチュアで表現した不可思議な世界に引き込まれる

一見、何の変哲も無い風景だけど……。

[マスミ メイアー,ねとらぼ]

 ドイツの写真家でミニチュアアーティストでもあるフランク・クナートさんが作り出す、不思議なミニチュア世界が、一見何の変哲もないように見えるものの、じっくり見るとありえないシーンがミニチュアで具現化されており、多くの注目を集めています。


ミニチュアの世界 リビングルームに空への飛び込み台

ミニチュアの世界 実はこんなに小さいミニチュアルーム

ミニチュアの世界 ミニチュアの世界 ミニチュアの世界 ミニチュアの世界 ミニチュアの世界 ミニチュアの世界 ミニチュアの世界 ミニチュアの世界 ミニチュアの世界 ミニチュアの世界 ミニチュアの世界 ミニチュアの世界 ミニチュアの世界 ミニチュアの世界 ミニチュアの世界

 「眺望のある部屋」と題された作品では、空が一望できるリビングルームをミニチュア化していますが、なぜか空へ向かって飛び込み台が設置されています。「そんなに眺望のある部屋が好きなら、空へ飛び込めるようにしてあげよう」といった意味なのでしょうか。いろいろな想像がかき立てられそうです。

 他にもベッドとトイレが詰め込まれている、現代の都市生活を象徴するかのような超狭小のワンルームや、「小さな楽園」と題された、工場の化学スモッグが立ち込める中でベランダに置かれた小さな緑の植物がある作品など、じっくり見ていると、考えされられるものも……。


ミニチュアの世界 超狭小のワンルーム

ミニチュアの世界 楽園が小さすぎる

ミニチュアの世界 氷の張った部屋、温暖化の危険を訴えてる?

ミニチュアの世界 クリスマスディナーでひとつの椅子だけ寒い外に……

 フランクフルトで生まれたフランクさんは現在ドイツのボッパルト市在住で、10代の頃に写真を撮ることに興味を持ったようです。現在は自身が作ったミニチュアの世界を撮影した写真を展示会で公開したり、写真集を発売したりしています。

 実際の人間の大きさと比べるとフランクさんが作るミニチュア世界がどのくらい小さいのか分かります。書斎に置かれた一人掛けの椅子などは手のひらサイズですが、実に繊細に作られています。


ミニチュアの世界 椅子が手のひらサイズ

ミニチュアの世界 ウィンドウズだそうです

ミニチュアの世界 実はこんなに小さい

ミニチュアの世界 普通に外で撮影したように見える

ミニチュアの世界 映画のセットが小さくなったみたい

 フランクさんの作品は本物のようなミニチュアというだけでも目を引くのですが、月の表面にトイレがポツンと置いてあったり、古いアパートのベランダが隣に建つ豪邸の広いベランダによって覆い隠され、日が当たらないようになっているなど、意味深な作品が多数見受けられます。一度フランクさんのInstagramをのぞいてみてはいかがでしょう。


ミニチュアの世界 月の表面になぜトイレ?

ミニチュアの世界 壮大な月の表面がこんな小さな場所で作られている

ミニチュアの世界 格差社会を反映している?

ミニチュアの世界 実はこんなに小さい

画像提供:Frank Kunertさん

おすすめ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.