ニュース
» 2020年08月15日 16時20分 公開

「海に行きたかったエビフライ…」 麦わら帽に浮き輪姿で窓の外を眺める“エビフライ”の哀愁漂う姿に注目集まる(1/2 ページ)

哀愁漂うエビフライの姿に、13万件以上の“いいね”が寄せられています。

[Kikka,ねとらぼ]

 麦わら帽をかぶり、浮き輪を装着しながら、窓の外をじっと眺める“エビフライ”の食品サンプルの姿が、多くの人の心をつかんでいます。 StayHomeの影響でお出かけを取りやめたのは人間だけではないかもしれない……。


エビフライ 話題のエビフライ

 話題を呼んでいるのは「海に行きたかったエビフライ…ずっと窓の外を見てた…」というツイート。哀愁漂うエビフライ(食品サンプル)の姿に、13万件以上の“いいね”が寄せられています。


エビフライ 「海に行きたかったエビフライ…ずっと窓の外を見てた…」

 投稿には「この写真いいなぁ〜」「やっぱり海で生まれた者は海に帰りたくなるんでしょうね」「私の胃袋の中でSTAYHOMEしてな」とユニークな声や、「その昔、彼に似たヤツがいて…大海原に憧れて、親父と喧嘩して海に逃げ込んだんだが…最後は釣り上げられて食べられちまった…たい焼きくんっていうんだけどね…」と「およげ!たいやきくん」を想起する声も寄せられました。

 エビフライは普段から「部屋んぽしてたらカーテンレールへ登ってしまう」など、比較的自由に生きている様子。Twitterアカウント「えびふらいふ(@ebiflife)」では「暑さに負けて扇風機に吹かれています」「海へは行けなかったけどプールで遊んでいます」など、さまざまなエビフライの姿が投稿されています。

画像提供:えびふらいふ(@ebiflife)さん

(Kikka)



※価格は記事掲載時点のものとなっています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響