ニュース
» 2020年08月18日 14時33分 公開

TikTok、「うわさや誤報に対抗」と新サイトを公開 ユーザーデータの扱いなどについて説明

「米国のユーザーデータを中国政府に提供したことはない」と主張。

[関口雄太,ねとらぼ]

 ショート動画アプリTikTokはデータの取り扱いについて説明する新サイトを公開し、ドナルド・トランプ米大統領が発信した「(TikTokの普及が)米国の国家安全保障、外交政策、経済を脅かし続けている」などの主張に反論しました。


TikTokが誤報に対抗するための新サイトを公開 ユーザーデータやバックアップの保存場所を明かす 公開された新サイト「tiktokus.info」(画像はtiktokus.infoより)

 米国では8月6日に大統領令で、中国企業ByteDance傘下のアプリTikTokが米国で広まることは、米国にとって脅威であると主張。14日の大統領令では、90日以内に米国事業を売却するよう求めました。MicrosoftがTikTok米国事業の一部を買収する議論を行っていると発表し、注目が集まっています。

 TikTokは通常の公式サイトとしてtiktok.comを公開していますが、今回発表されたtiktokus.infoは異なるドメインでの運用となります。

 新サイトでは「ワシントンおよびその報道でTikTokに関するうわさや誤報が拡散しているので、訂正させてください」として、情報取り扱いの透明性を主張。中国ではTikTokが利用できないこと、米国ユーザーデータはバージニア州に保存され、シンガポールにバックアップがあるだけでなく、従業員のアクセスは厳重に管理されていると説明しました。「逆のことを示唆する発言は、根拠がないのに加えて、あからさまに虚偽です」と述べています。

 また、TikTok公式とは別に、事実関係を明らかにするためのTwitterアカウントとして「TikTok_Comms」を開設。会社のニュースをリアルタイムで共有していくと発表しました。なお、アカウントの場所設定はカリフォルニア州ロサンゼルスとなっています。


TikTokが誤報に対抗するための新サイトを公開 ユーザーデータやバックアップの保存場所を明かす データ保管は中国で行っていないと説明。(画像はtiktokus.infoより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10