ニュース
» 2020年08月19日 21時00分 公開

ミュージカル「エリザベート」イメージネイルがステキすぎる 爪に“召喚”された世界観(1/2 ページ)

闇が広がる……!

[ねとらぼ]

 日本では東宝や宝塚歌劇団での上演で知られるミュージカル「エリザベート」。その世界観を爪(つめ)に“召喚”したネイルの完成度に心を奪われます。

エリザベートネイル 「エリザベート」を“召喚”したネイルがステキです

 「エリザベート」はハプスブルク帝国末期のオーストリアを舞台にした、オーストリア=ハンガリー帝国の皇后エリザベートの生涯を描いた物語。ウィーン発のミュージカルで、日本では1996年から宝塚歌劇団が、2000年から東宝がそれぞれ定期的に上演しており、ミュージカルファンや演劇ファンからの人気がある作品です。

 ネイルの写真を投稿したのはArliy/こあみさん(@koami___am)。ネイリストの仲村あるかさん(@NailworldAlca)に「東宝のも宝塚のも解説するので私の爪にエリザベート召喚してください!」と依頼して施術してもらったといいます。

エリザベートネイル ハプスブルク家の紋章
エリザベートネイル シシィスターの輝きとトートの闇……!
エリザベートネイル
エリザベートネイル シシィのネックレスをモチーフにした人差し指〜薬指
エリザベートネイル 劇中の“ナイフ”が中指と薬指に

 “エリザベート召喚”ネイルは、親指に手描きのハプスブルク家の紋章をあしらったデザイン。それだけでも「おお……!」となってしまいますが、右手の人差し指〜薬指にかけてシシィ(エリザベート)がつけているネックレスをモチーフにしたり(「私が踊る時」花總まりさん版)、左手の中指と薬指で劇中に登場する“ナイフ”を再現したり(宝塚版)、左手小指にトートをイメージした“闇”があったり……と、見ているだけで名場面が脳裏によぎるようです。

 東宝版「エリザベート」は2020年4月〜8月にかけて全国ツアーを行う予定でしたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により全公演が中止となっています。公演中止はファンにとってあまりにもつらいできごとですが、この爪を見ればつらさを乗り越えられそう……! ステキなネイルに、「素敵すぎる」「天才」といった反響が寄せられています。

 なお、Arliy/こあみさんが依頼したのは150分コース。仲村さんの施術の新規受付は現在一時停止中で、再開は順次Instagramのストーリーなどで告知されます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる