ニュース
» 2020年08月19日 23時12分 公開

「マスク着用下なら連続着席でも感染リスクの差異なし」 クラシックコンサートの感染リスクを検証した報告書が公開

「合理的な対策を組み合わせることで感染リスクを下げること、そして仮に感染が発生してもできるだけ狭い範囲に留めることはできる」

[ねとらぼ]

 日本クラシック音楽事業協会が、クラシック音楽演奏・鑑賞にともなう飛沫感染リスクを検証した実験の報告書をサイト上に掲載しました。これによると、マスク着用下であれば従来どおり連続して席に着席しても感染リスクには大きな差はないそうです。



 クラシック音楽のコンサートは少しづつ再開する動きができていますが、ソーシャルディスタンスを守る関係上聴衆の数が制限され、また演奏者間の意思疎通が難しくなることで、興行を成立させることが困難になっているといいます。今回の報告書はそうした部分を背景に、クラシック音楽の鑑賞・演奏時のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)への感染リスクを検証したもの。


Classic コロナ

 この実験は、ホコリなどの微粒子を測定しないようクリーンルーム環境で飛沫などの微粒子がどの程度発生したかを計測。実験対象となった楽器は、フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、アルトサクソフォン、ホルン、トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、チューバ、バイオリン、チェロ。また、その他にも、ソプラノ・テノールの「歌唱」、聴衆の会話・咳・発声を再現した「客席」も対象とされています。


Classic コロナ

 報告書によると、マスク着用下であれば「1席空けて着席」した場合も「連続する着席」の場合も、感染リスクに大きな差はないとのこと。また、いずれの楽器演奏についても、飛沫感染のリスクが上昇する可能性を示すデータが得られない、もしくはその可能性は低いと報告。歌唱については、口元での微粒子数が発声(客席実験)の10〜20倍に達しているため、体を動かしたり、移動したりしながら歌う場合は飛沫が拡散する場合があるようですが、今回の実験ではそういった部分の評価はできていないとしています。


Classic コロナ

 一方、この報告書では「現実には全ての聴衆が常に適切にマスクを着用し続けられるとは限らない」「マスクのズレや性能差を考慮し、大きな声を出すことを控えるよう求めることは妥当」とも記しており、マスクの適切な着用を呼びかける重要性も説いています。

 「本実験の限界」として、無風のクリーンルーム内という条件で実験を行ったことについて「空調や換気、複数の演奏者の影響などの要因が加わるため、総合的に感染対策を検討することが望ましい」とも。また、「さまざまな感染対策を行っても(中略)感染のリスクをゼロにすることはできない。しかし、合理的な対策を組み合わせることで感染リスクを下げること、そして仮に感染が発生してもできるだけ狭い範囲に留めることはできる。今回の結果がその一助になれば幸いである」と、この報告書の意義が語られています。


Classic コロナ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる