ニュース
» 2020年08月20日 16時13分 公開

秋葉原駅前の「ツクモ秋葉原駅前店」が8月30日で閉店へ リニューアルオープンから1年もたず (1/2)

かつてはサトームセンが入っていた、秋葉原のランドマーク的ビルの1つでした。

[ねとらぼ]

 JR秋葉原駅前に今年(2020年)1月にオープンした「ツクモ秋葉原駅前店」が、8月30日で閉店することが分かりました。以前はヤマダ電機系列の「LABI秋葉原パソコン館」が入っていたビル(その前はサトームセン)で、電気街口を出てすぐという立地のよさや、エスカレーターが折り重なった特徴的な外観から、秋葉原ではランドマーク的な建物の1つでした。




 ツクモのサイトによると、閉店理由は「(親会社である)ヤマダ電機の体制変更に伴い」とのこと。なお、その他の店舗やツクモネットショップについては変わりなく営業を続けていくとしています。ちなみに同ビルの今後については触れられておらず、ツクモ・ヤマダ電機にも問い合わせてみましたが、どちらも現時点では「分からない」とのことでした。

 「ツクモ秋葉原駅前店」は、それまで入っていた「LABI秋葉原パソコン館」からリニューアルする形で2020年1月にオープンしたばかり。Twitterでは「待て待て待て待て聞いてないぞ」「えっ早くない」と突然の閉店告知に驚く声や、「初自作の際に大変お世話になりました」など感謝のコメントも寄せられていました。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10