ニュース
» 2020年08月20日 16時30分 公開

日本最古の日本画絵具店が作った「胡粉ネイル」に新色登場 秋冬のおうちネイルをはんなり楽しもう!

「花菊(はなぎく)」「嵯峨鼠(さがねず)」「天鵞絨(びろうど)」ってどんな色?

[ねとらぼ]

 日本最古の日本画絵具専門店・上羽絵惣は9月1日、「胡粉ネイル」の新色を発売します。価格は各1204円(税別)です。


胡粉ネイル 秋冬にぴったりな3色です


胡粉ネイル しっとり決まる大人のネイル

 胡粉ネイルは、ホタテの貝殻を焼いて作る絵具「胡粉」を取り入れた爪に優しい水溶性ネイルです。マニキュア特有の刺激臭がなく、除光液ではなくアルコールで落とすことができます。

 カラーのラインアップは全3種類。つややかな深紅の「花菊(はなぎく)」は、平安時代に生まれた秋の配色です。目立ちすぎない暗い赤なので、シーンを選ばずに利用できます。


胡粉ネイル 花菊(はなぎく)


胡粉ネイル 金色とも相性がいい

 江戸時代に流行したという「嵯峨鼠(さがねず)」は、ブラウンやラベンダーにも見える美しいくすみグレーです。オンオフどちらにも合う、上品なカラーリングがかわいい……。他の色味と合わせて使うのも楽しそうです。


胡粉ネイル 嵯峨鼠


胡粉ネイル どんな色とも相性のよいダスティモーヴ

 ずっしりと濃密な深緑「天鵞絨(びろうど)」は、知的な印象を与える大人っぽいカラーです。あえてキラキラさせず、マットに仕上げるのもおしゃれかもしれません!


胡粉ネイル 天鵞絨(びろうど)


胡粉ネイル 茶器のようにつや消しするのも美しい

 今回の新色は、2021年2月28日まで限定販売されます。創業270年の絵具屋さんが本気を出して考えたネイルなら、秋冬の爪もばっちり決まりそうですね。


胡粉ネイル 何色にするか迷う〜!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10