ニュース
» 2020年08月20日 20時00分 公開

すい星のごとく現れた覇権バトロワゲー「Fall Guys」はなぜここまで流行したのか?

ポイントは「分かりやすさ」と「勝てそう感」。

[オピオン,ねとらぼ]

 8月4日にリリースされた、「Fall Guys: Ultimate Knockout」PS4Steam)が連日あちこちで話題になっています。リリース以降、Twitter上ではファンアートやプレイ動画などが毎日のように拡散されており、よく知らない人は「一体何が起こっているんだ」と不思議に思ったかもしれません。

 果たして「Fall Guys」とは一体どんなゲームなのか。ゲームライターのオピオンさん@ophion_kakuhito)に、遊んでいない人にも分かるよう、人気の理由や面白さを解説してもらいました。



Fall Guys これが「Fall Guys」

アクションの基本で作られた遊びやすさ

 ゲームは面白ければ流行る! とはいえませんが、流行るためには面白さが必須でしょう。逆に言えば「Fall Guys」が流行っている以上、多くの人が継続して遊ぶ面白さを持っているということです。

 実際プレイしてみると、確かに面白い。そして、それ以上に遊びやすく、人に勧めやすいゲームだという印象を受けました。「Fall Guys」は、2.5頭身のなんだかよく分からないキャラクターを操作して、さまざまなミニゲームに挑戦していくアクションゲーム。行えるアクションは“キャラクターの移動”“カメラ操作”“ジャンプ”、ヘッドスライディング風の“ダイブ”、そして“つかみ”とこれだけです。


Fall Guys

 さらに“ダイブ”は役に立つ状況が少なく、“つかみ”は一部のミニゲーム以外では頻繁に使うものではありません。つまり、“移動”“カメラ操作”“ジャンプ”だけ覚えれば、多くのミニゲームを不自由なく遊べるというわけです。

 カメラ操作をしつつ、主人公を動かして、必要に応じてジャンプをする。この一連の流れはアクションゲームやTPS、RPGなどさまざまなゲームで触れる、ゲームほぼ全般の操作と言っても過言ではないもの。そのため「Fall Guys」は満足に遊ぶためのハードルが非常に低いゲームになっています。


Fall Guys

勝ち残る方法がはっきりしている分かりやすさ

 また、バトルロイヤルと言えばFPSやTPSが流行しているなか、あえてアクションゲームとしてリリースされたのも「Fall Guys」の強みでしょう。というのは、TPSやFPSと比べて「Fall Guys」のほうが勝ち残るための道筋が分かりやすいからです。

 FPSやTPSのバトルロイヤルでは、ほかのプレイヤーを倒しても、見つからずに隠れていても勝ち残る可能性が高まります。タイトルによっては序盤にアイテムを集めることが終盤の勝利につながるものもありますよね。ただ、戦うか逃げるか、そして集めるかという選択はプレイヤー任せ。何がベストかを判断するのには、ある程度の経験が必要です。

 一方で「Fall Guys」の場合は、ミニゲームの目的自体がプレイヤーの取るべきベストな選択肢。ゴールを目指すミニゲームならなるべく早くゴールに着くのがベスト。落ちないようにするミニゲームなら落ちにくい足場を渡り歩くのがベストです。


Fall Guys

 一応、ほかのプレイヤーの邪魔をすることもできますが個人戦のミニゲームの場合、これは60人の障害物競争で誰かが誰かの袖を引っ張るようなもの。邪魔をした結果、得をするのは自分と邪魔をした相手以外のプレイヤーになります。

 チーム戦形式の一部のミニゲームでは自分のチームの大玉をゴールに運ぶべきか、ほかのチームの大玉がゴールするのを邪魔するべきかというシーンはありますが、「Fall Guys」全体のなかでこういった選択を迫られることは少なめ。勝つための遊び方がゲーム側から示されている点も「Fall Guys」が多くの人に遊ばれている要因でしょう。


Fall Guys

ハプニングが生む“勝てそう感”

 このように遊びやすく、分かりやすく作られている「Fall Guys」ですが、どれだけ遊んでもハプニングからは逃れられません。

 「Fall Guys」には、ほかのプレイヤーとジャンプのタイミングがかみ合ってぶつかったり、回転するバーに弾き飛ばされたほかのプレイヤーと衝突したりと、勝敗に直結するハプニングが満載。しかも、これらは経験やテクニックでどうにかなる話ではなく、ハプニングに会うかどうかは運しだいと言ってもよいでしょう。さらに一部のミニゲームはゲーム自体に運の要素が強く、少し運が悪いだけでトップから下位層へあっさり落ちていきます。本来なら勝てる腕前の人がハプニングで落ちていき、少し腕前の足りない人が勝ち上がるのが日常。


Fall Guys

 そこにシンプルな操作による遊びやすさが加わっているおかげで、ほかのバトルロイヤルゲームと比べて常に“今回は勝てるかもしれない”“次はもう少し勝ち残れるかもしれない”という気持ちがわきやすい印象です。個人競技に比べてチーム戦のミニゲームは腕前の差が出やすいのですが、うまい人と同じチームに入れるかもまた運。

 腕前で補える要素が少なく、運次第で簡単に順位がひっくり返る。そこから来る“勝てそう感”もまた「Fall Guys」が多くの人を引き付ける理由の一つですね。


Fall Guys

フリープレイを利用した流行作り

 そして「Fall Guys」がここまで流行った理由には、PS4版がリリースと同時に、PS Plus加入者特典の「フリープレイタイトル(期間中にダウンロードすれば、PS Plusに加入している限りいつでも無料で遊べる)」になったこともあるでしょう。PS4版「Fall Guys」の定価は2090円ですが、PS Plus加入者なら最初から無料で遊べてしまうのです。

 PS PlusはPS4でオンラインプレイをする際にほぼ必須の定額サービスなので、多くのPS4ユーザーが加入しています。また、フリープレイになるタイトルは発売から年単位で時間がたったものがほとんど。最新のゲームがフリープレイになるのは非常にまれなことです。そんな下地があるなかで、最新のタイトルがフリープレイに登場したことは、PS4ユーザーが「Fall Guys」に飛びついた大きな理由になっているでしょう。


Fall Guys

 無料で遊べるということは、間違いなくメリット。もちろんPS4には無料で遊べるタイトルが多々ありますが、もともと無料のタイトルよりも「本来は2090円する最新のゲームを無料で遊べる」方がお得感が強いのは分かりますよね。そしてPS4版を多くの人がプレイすることで、口コミや動画などで「Fall Guys」自体の情報が拡散されやすくなり、新たなユーザーを生み出したのだと思われます。

 こういったさまざまな要因が積み重なって、大流行している「Fall Guys」。ここまで書いてきた通りハードルが低くハプニングが多いため、初プレイでもいい感じに勝ち残れる可能性は十分にあります。特にPS4版は2020年8月31日までフリープレイの対象とあって、続々と新規プレイヤーが増えているはず。

 プレイを重ねることでキャラクターが強くなる要素も特にないので、既存のプレイヤーが持つアドバンテージはミニゲームのルールや定石くらい。今からプレイを始めても決して遅くはありませんよ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」