意味がわかると怖い話:「異形の寺」(2/2 ページ)

» 2020年08月23日 21時00分 公開
[白樺香澄ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

「異形の寺」解説

 寺に現れた怪異は本当に、語り手の考えたとおり「高僧の加護にすがる亡者の霊」だったのでしょうか。「それ」は本当に、「円空、円空」と言っていたのでしょうか?

 そして煙草を吸い、仏像を投げつけたことで彼が難を逃れられたのだとしたら、「兄」の「火気厳禁」「仏像には手を触れるな」という注意は、まるで怪異への抵抗手段を潰すためのもののようです(東北には、「山で悪いモノが近くにいると感じたら、煙草を吸うと祓うことができる」という言い伝えが残る地域があるのだそうで、近年の怪談でも「煙草を一服すると怪異から逃れられた」という話型は珍しくありません(無論、「山では煙草が魔除け」というのは、実際には「煙草の匂いで人間がいることを知らせ、危険な野生動物を近づけない」知恵だったのでしょうが)。

 えんくえんくえんく……喰えん、喰えん、喰えん……。

 「久宜」寺という名前も、思えば意味深です。クギ。久宜寺が毎年、夏の決まったある日に海からやってきて、生贄を食らうことを欲する怪異を鎮めるための「供犠」の寺だったとしたら。地名などで、縁起の悪い字が慶字に書き替えられるのはよくあることです。「千尋さん」が、外から生贄を調達する係を務めていたのだとしたら……。

 「父」は、語り手が逃げ延びた代わりに「食われて」しまったのでしょうし、前の夏に音信不通となった「バイト」の男の子もおそらく……。

白樺香澄

ライター・編集者。在学中は推理小説研究会「ワセダミステリ・クラブ」に所属。怖がりだけど怖い話は好き。Twitter:@kasumishirakaba


地名と怖い話

 「地名に怖い意味が隠されていた」という話はよく聞きますが、逆に「何でもない地名だったはずが後付けで怖い名前になった」という例もあるようです。

 たとえば、渋沢栄一の故郷として知られる埼玉県の「血洗島」。いつ金田一耕助が来てもおかしくない字の並びで、「赤城の山の神が下野の二荒山の神と戦ったときに、得た傷口をこの地で洗い流した」という伝承が伝わっているそうです。

 しかし実際には「血洗」という地名は、アイヌ語の「ケッセン(「岸・末端」といった意味で宮城の「気仙沼」と同語源)」に漢字を当てたもの、あるいは利根川の氾濫が相次いだ時代に「地洗い」もしくは「地荒い」と呼ばれたのに由来するという説が有力なようです。

 ちなみに「赤城の山神の戦い」云々の神話は、日光の「戦場ヶ原」という地名から着想を得たストーリーであるらしく、さらに言えば「戦場ヶ原」は元は、単にめちゃくちゃ広いことから「千畳ヶ原」だったのではないかという説があり、二重に「字面と音の響きにつられて後から意味が付加される」パターンだったようです。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  2. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  3. /nl/articles/2407/22/news048.jpg 宿題にイラつく9歳長男→部屋から出てきたら…… “まさかの気分転換”に「すばらしい」「いずれ大成するでござる」
  4. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. /nl/articles/2407/19/news171.jpg 「なに目指してんねんw」 ギャップが激しい“JAL職員の理想と現実”が160万再生! 「おもろい」「意外すぎ」と反響続々
  6. /nl/articles/2407/19/news096.jpg ママが寝ている横で……? 赤ちゃんによる早朝の“秘密の遊び”に39万いいね「かわいい」「良い子すぎる」
  7. /nl/articles/2407/21/news008.jpg 大雨の直前、迷子の子猫を急きょ保護→家に連れ帰ったら…… 大胆なギャップに「大笑いしました」「これからが楽しみ」
  8. /nl/articles/2407/18/news017.jpg 知っていると一目置かれる“旅館浴衣のキレイな着方”に「これ知りたかった!」「わかりやすい」 一級着付け技能士が解説
  9. /nl/articles/2407/22/news115.jpg 橋本環奈「立ち直れそうにない」トラブルにいたわりの声続出 「絶望感ハンパない」「ほんとに号泣案件」
  10. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」