ニュース
» 2020年08月23日 11時00分 公開

「ウソみたいだろ。駅舎なんだぜ。これで。」 竜宮城から始まる江ノ島めぐりの旅に行ってきたやすこーんの「くらしの鉄道」(2/5 ページ)

[やすこーん,ねとらぼ]

見どころ2つ目:立派すぎる圧巻の「竜宮造り」の駅舎とその造り込み

 新しい片瀬江ノ島駅にはクラゲの水槽のほかに、さらに2つ、大きな見どころがあります。

 見どころ2つ目は、神社仏閣に使われる「竜宮造り」という技法を用いた駅舎建築そのものです。

 竜宮造りとは、社寺における楼門の造り方の一種で、下をしっくいで塗り固めて、中央にアーチ型の通路、上部は木材で軒を組み、入母屋の屋根を載せる技法。楼門というと、大好きな武雄温泉を思い出します。

片瀬江ノ島駅 武雄温泉楼門(2017年1月撮影)

 この技法を駅舎として用いたのは、おそらく片瀬江ノ島駅が初めてだと思います。

 装飾には、龍はもちろん、江ノ島ならではの、かわいいイルカたちもいました。

 門のアーチ部分の天井は、四隅にポーズの違うウミガメの彫刻。奥に設置されたデジタルサイネージと共に、龍宮城っぽさが増しています。

片瀬江ノ島駅 金のイルカが屋根の上で笑っている
片瀬江ノ島駅 向かって左側の屋根には、さらに3匹のイルカ
片瀬江ノ島駅 使用されている木材は神奈川県産のもの

見どころ3つ目:15メートルの圧巻「龍の彫刻」 中には「隠れ○○」がたくさん

 そして見どころ3つ目。改札内、コンコースの天井にある、約15メートルの龍の彫刻です。

片瀬江ノ島駅 日野在住の彫刻家の方が1年半かけて作った約15メートルの五頭龍

 じっくり見ていくと、ここにも遊び心がたくさん盛り込まれていました。探してみると……いろいろいました!

 龍の下に鯛が。1つ見つけると、次々探したくなります。あっ、タコも発見!

片瀬江ノ島駅 鯛は比較的分かりやすい
片瀬江ノ島駅 波間に顔を出したタコ

 全部紹介してしまうのもなんなので、この辺にしておきます。ほかに亀や巻貝、UFO(?)もいるそうです。ぜひ実際に行って探してみてください。

 ちなみにこの彫刻、ホーム側から上を見ずに真っすぐ改札に向かうと、気付かない恐れがあります。そんなもったいないことにならないよう、電車から降りたら、クラゲの水槽前あたりで一度立ち止まり、振り返ってみましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む