ニュース
» 2020年08月24日 18時05分 公開

アマゾン、メルカリ、ヤフー、楽天が「オンラインマーケットプレイス協議会」 事業者による消費者保護の促進を目指す

「消費者にとってより安心・安全な取引環境の構築」を目標に掲げています。

[ねとらぼ]

 オンラインマーケットプレイスを運営するアマゾンジャパン、メルカリ、ヤフー、楽天は8月24日、「オンラインマーケットプレイス協議会」の設立を発表しました。

オンラインマーケットプレイス協議会 設立 オンラインマーケットプレイス協議会の公式サイト(画像は同サイトより)

 オンラインマーケットプレイス協議会は、事業者による消費者の保護に関する取り組みの促進・改善や、情報提供を行う組織。これらの活動を通じて、「消費者にとってより安心・安全な取引環境の構築に貢献し、オンラインマーケットプレイスの健全な発展を促すこと」を目的としています。

オンラインマーケットプレイス協議会 設立 オンラインマーケットプレイス協議会の設立について

 同協議会は、オンラインマーケットプレイスが担う役割が大きくなる中で、消費者に安心して利用してもらうため、運営事業者による消費者保護の自主的な取り組みがより必要になってくるという考えから発足したもの。

 こうした取り組みについて、事業者間で情報交換を行うほか、「互いに学びあい、積極的に外部への情報提供を行い、また行政機関とも連携」することで、消費者にとってより安全・安心な取引環境を構築していくとしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.