ニュース
» 2020年08月24日 19時30分 公開

コロナ禍でピンチの職人がTwitterで発信→売れ行きが前年の1000倍に 貝の内側を加工した伝統工芸が魔法みたいな美しさ(1/3 ページ)

京都は嵯峨嵐山の工房、「嵯峨螺鈿野村」の野村拓也さんに話を聞きました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 京都の螺鈿(らでん)職人、野村拓也(@takuyanomurardn)さんの作品が、Twitterで注目を集めています。螺鈿とは貝殻の内側のキラキラと輝く部分を加工した装飾のこと。コロナ禍で客足が遠のき、危機感からTwitterを開始したところ大好評で、売上も例年以上に伸びたというのです。


螺鈿 こちらは野村さんが手掛けたシルバーリング

螺鈿 人気商品の1つ、ネックレスの「あかり」

螺鈿 蒔絵で蝶をあしらった香合(こうごう/お香の入れ物)

 野村さんは嵯峨嵐山にある工房「嵯峨螺鈿野村」の職人。1910年創業の家業で、父の代で三代目だそうです。営業努力を重ねて売上を伸ばし、オリンピックによるインバウンド需要も見込んでいましたが、コロナ禍で全てが御破算に。4月には売上がほぼない状態だったといいます。

 6月に県またぎの移動が解禁になっても売上が戻らず、野村さんはTwitterに活路を見いだして7月15日にアカウントを開設。美麗な作品や細やかな作業工程の発信が、じわじわと注目を集めていきました。

 職人としての「ものづくり」や「商売」への考え方がうかがえるような、興味深い投稿も多く、その真摯(しんし)な人柄もあって作品は人気に。オンラインショップへの注文は増え、遠方から直接購入に訪れる人も現れたといいます。ねとらぼ編集部は野村さんを取材し、詳細を聞きました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響