ニュース
» 2020年08月27日 07時00分 公開

お弁当の「おつかい」でポイントがもらえる ソーシャルデリバリーサービス「JOY 弁」スタート

友人、家族、同僚などが注文したお弁当をまとめて受け取って届けるとお弁当に使えるポイントがもらえます。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 お弁当の注文と、注文したお弁当の受け取りを誰かにお願いできるアプリ「JOY 弁(ジョイ弁)」が、東京ミッドタウン日比谷(東京都千代田区)内で9月1日からサービスをスタートします。自分のお弁当を買うついでに仲間の分もまとめて取りに行くと、ポイントが「おこづかい」としてもらえます。


JOY 弁 (左)三井不動産ビルマネジメント、中島さんと(右)Offisis代表、田野さん

 友人、家族、同僚などアプリ上のコミュニティーのメンバーが注文したお弁当を、代表者がアプリ対応店舗でまとめて受け取ると、注文金額合計の10%にあたるポイントが付与されます。

 ポイントは次回お弁当注文時の支払いに使用可能。お弁当を代表して取りに行く人は、何人か分まとめて受け取れば人数毎に10%ポイントもらえます。


JOY 弁 アプリサービス「JOY 弁」の使い方

 お弁当を頼んだ注文者は10%の配送料で配送してもらえるメリット、飲食店にはカード決済手数料込みで10%の手数料で配送サービスを受けられるメリットがあるといいます。


JOY 弁 いつもの「ついでに」「まとめて」がお得なサービスに

 自分がお昼ごはんなどを買うとき、同僚の弁当もついでに届けることは良くありますよね。消費者同士が他の用事で移動するついでに物を届け合う行為を「ソーシャルデリバリー」といい、欧米ではデリバリーモデルとして普及しているとのこと。フードデリバリーサービスにおける配送員の低報酬、飲食店の手数料負担や注文者の配送料負担の大きさという問題の解消が期待されています。


JOY 弁 「ソーシャルデリバリー」でデリバリー業界が抱える配送員の低報酬・飲食店の手数料大・注文者の個人負担大という課題の解消を目指す

 「JOY弁」のサービスはオフィス街、日比谷エリアから始まり、年内に5つのエリアや自治体での展開が予定されています。

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.