ニュース
» 2020年08月27日 07時00分 公開

お弁当の「おつかい」でポイントがもらえる ソーシャルデリバリーサービス「JOY 弁」スタート

友人、家族、同僚などが注文したお弁当をまとめて受け取って届けるとお弁当に使えるポイントがもらえます。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 お弁当の注文と、注文したお弁当の受け取りを誰かにお願いできるアプリ「JOY 弁(ジョイ弁)」が、東京ミッドタウン日比谷(東京都千代田区)内で9月1日からサービスをスタートします。自分のお弁当を買うついでに仲間の分もまとめて取りに行くと、ポイントが「おこづかい」としてもらえます。


JOY 弁 (左)三井不動産ビルマネジメント、中島さんと(右)Offisis代表、田野さん

 友人、家族、同僚などアプリ上のコミュニティーのメンバーが注文したお弁当を、代表者がアプリ対応店舗でまとめて受け取ると、注文金額合計の10%にあたるポイントが付与されます。

 ポイントは次回お弁当注文時の支払いに使用可能。お弁当を代表して取りに行く人は、何人か分まとめて受け取れば人数毎に10%ポイントもらえます。


JOY 弁 アプリサービス「JOY 弁」の使い方

 お弁当を頼んだ注文者は10%の配送料で配送してもらえるメリット、飲食店にはカード決済手数料込みで10%の手数料で配送サービスを受けられるメリットがあるといいます。


JOY 弁 いつもの「ついでに」「まとめて」がお得なサービスに

 自分がお昼ごはんなどを買うとき、同僚の弁当もついでに届けることは良くありますよね。消費者同士が他の用事で移動するついでに物を届け合う行為を「ソーシャルデリバリー」といい、欧米ではデリバリーモデルとして普及しているとのこと。フードデリバリーサービスにおける配送員の低報酬、飲食店の手数料負担や注文者の配送料負担の大きさという問題の解消が期待されています。


JOY 弁 「ソーシャルデリバリー」でデリバリー業界が抱える配送員の低報酬・飲食店の手数料大・注文者の個人負担大という課題の解消を目指す

 「JOY弁」のサービスはオフィス街、日比谷エリアから始まり、年内に5つのエリアや自治体での展開が予定されています。

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」