ニュース
» 2020年08月27日 12時30分 公開

Twitterの「仕様変更」がトレンドに スパム対策が「URL付きのツイートが表示されなくなる」と誤った理解で拡散か

今のところURL入りのツイートも普通に表示されています。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 Twitterで「URL付きのツイートがフォロワーのTLに表示されなくなる」といった誤った情報が拡散され、Twitterトレンドでも「Twitterの仕様」が上位に入る事態となっています。



 拡散されたのは次のような情報。

  • Twitterの仕様変更によりURL付きのツイートがフォロワーのTLに表示されなくなる/表示されづらくなる
  • URL入りのツイートよりも画像付きのツイートの方が優遇される
  • 広告ツイートとの差別化が理由である

 正確な拡散経緯は不明ですが、Twitterでは7月末にマルウェアやヘイト行為といった悪意ある情報を含むリンク(=URL)の拡散を制限・防止する方針として「リンクをブロックするための取り組み」を発表しており、この内容が誤った理解で拡散された可能性があります。




 ねとらぼ編集部がTwitter Japanに取材したところ、TL上でツイートを表示する細かなアルゴリズムについてはコメントできないとした上で、リンクを含んだツイートが共有できない場合についてはヘルプセンターの「『リンクをブロックするための取り組み』をご参照いただければと思います」との回答がありました。

 なお、ねとらぼでは記事の告知をするためにURL入りのツイートを頻繁に投稿していますが、読者から「ツイートが表示されなくなった」といった報告は届いていません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10