ニュース
» 2020年08月27日 12時15分 公開

メルカリの売上金をアプリから寄付できる 「メルカリ寄付」9月1日からスタート

サービス開始は防災の日に合わせたとのこと。

[ねとらぼ]

 メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」の売上金を希望する自治体等団体に寄付できる「メルカリ寄付」機能を、9月1日から開始することを発表しました。

メルカリ寄付 メルカリの売上金などを寄付できる「メルカリ寄付」

 「メルカリ寄付」は、売上金等からチャージされたメルペイ残高を、希望する自治体等団体に寄付できる機能。

 集まった寄付金は、災害支援・環境支援・文化支援などのほか、自治体の活動に役立てられます。サービス開始時の寄付先は鎌倉市・瀬戸市の2市で、今後順次拡大していく予定です。

メルカリ寄付 アプリ内から寄付先を選んで、手軽に寄付ができます

 メルカリによると、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染拡大により、地域・社会課題解決に向けた寄付へのニーズが高まっている中で、同社にも「自治体より『災害支援をはじめとする寄付の仕組み』へのご要望や、お客さまから『売上金を寄付するという選択はできないか』という声」が数多く寄せられたとのこと。

 同社は「今後もフリマアプリ『メルカリ』を通じ、社会に貢献する取り組みに尽力してまいります」としています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10