ニュース
» 2020年08月27日 21時00分 公開

待ちきれないテスラファン「ヒャッハー、先に作っちゃったぜ」 鬼加速な“自作”テスラバギーが脳内破壊力抜群(1/2 ページ)

ある意味無敵かも。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 テスラの電動ATV(全地形対応車/4輪バギー)「Cyberquad」、待ちきれないぜ……! そんなテスラファンが自作Cyberquadを「一足先」に作ってしまいました。

photo 待ちきれないテスラファンが一足先に制作した「自作Cyberquad」(画像はYouTubeから)
We BUILT our own Tesla Cyberquad and its absolutely INSANE!

 Cyberquadはテスラが開発中の電動ATV。先鋭的すぎるデザインで話題を呼んだピックアップトラック「Cybertruck」(関連記事)の発表会で、トラックの荷台に載せられていたアレです。Cybertruck用オプションの1つとして販売する予定としています。

 「一足先にできちゃった」自作Cyberquadは、カーカスタム系YouTuberグループのRich Rebuildsによるもの。本家CyberquadおよびCybertruckのスパッと直線的な特徴的なデザインと電動パワートレイン、そしてテスラの思想を忠実(多分)にリスペクトしてできました。

 自作CyberquadはヤマハのATV「ラプター 700(日本ではYFMシリーズとして展開)」をベースに、本家と同様にエンジンから電動パワートレインに換装。最高速度は時速102マイル(時速164キロ)、そして停止から時速60マイル(時速96キロ)まで3.9秒と、ポルシェ並みのブッ飛び加速性能を実現するそうです。

 同グループいわく「最も正気でないATV」。むき出し乗車スタイルでこの鬼加速とATVの走破性……。ある意味無敵ですねこれ。

photo 先鋭的すぎるデザインで大きな話題となったテスラの新世代ピックアップトラック「Cybertruck」(画像:テスラ モーターズ)
photo 荷台に載せられた「Cyberquad」(画像:テスラ モーターズ)
photo サイバーなデザインも忠実に再現(画像はYouTubeから)
photo ベースとなったヤマハのATV「ラプター700」


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響