ニュース
» 2020年08月28日 12時21分 公開

腹筋運動で秋田犬のお腹をムギュ〜っとする謎ゲーム「マイエクササイズ」登場 シュールな幸福感を味わおう

周回すると少し展開が変わったりして、ついつい腹筋してしまう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 腹筋運動で持ち上げた顔を、秋田犬のお腹へムギュっと押しつける――ただそれだけのゲーム「マイエクササイズ」が、不思議とハッピーで楽しいです。プラットフォームはSteamiOSで、370円で販売中(itch.ioでも販売/価格は2.99ドルから)。


マイエクササイズ きつい筋トレをモフモフで和らげて至福の体験へ

 アニメーション作家の和田淳さんが監督を務めるシンプルなゲーム。プレイヤーのすることは、基本的にスペースキー(iOS版はタップ)を押しては放し、主人公の少年に腹筋運動をさせるのみです。

 少年がいったん背中を下ろしてから上体を起こさないと、運動の回数がカウントされないため、単純に連打してもダメなあたりがきちんとしている。


マイエクササイズ よい……

マイエクササイズ しょっ!(モフッ)

 序盤こそ単純な絵面が繰り返されるだけですが、腹筋回数が10回ほどに達すると、応援してくれる女の子が登場。回数を重ねていくごとに、水を飲ませてくれるクマや一緒に腹筋するヒツジなど、まわりにどんどん協力者が現れてにぎやかになっていきます。


マイエクササイズ 女の子の応援中に長押しすると、主人公ががんばって首を振り、延々とモフモフします

マイエクササイズ 回数を重ねるとどんどん絵面がカオスに

マイエクササイズ 大台に乗るとカットシーンが挿入されることも……なんなのこれ

 動物が増えてカオスがある段階まで進むと腹筋ワンセットが終わりゲームクリア。2セット目以降は、登場する動物などが変化します。周回プレイで新要素を探したり、スコアやクリアタイムを追求したり、一見すると単調なようでいて、繰り返し遊べます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」