ニュース
» 2020年08月31日 07時30分 公開

マスクを外して初めてクラスメイトの顔を見られた――学校での出来事を描いた漫画に「涙腺がゆるんだ」「素敵ですね」

早くみんなの顔を見て楽しくおしゃべりできる日が来ますように。

[林美由紀,ねとらぼ]

 マスクを外してクラスのみんなの顔を見られた。そんな娘さんの学校での出来事を描いた漫画がジーンときます。作者は子育て漫画を投稿しているかおりんごむし(@ringomushi0712)さん。

 学校が始まってからしばらくしてからのこと。6歳の娘さんが、ちょっと言いたいことがあると学校でのことを話してくれました。学校でマスク着用が当たり前の生活を続ける子どもたちに、「みんなの顔を見てないもんね」と、先生が少しだけマスクを外してクラスメイトの顔を見る時間を設けてくれたというのです。


学校でのこと01


学校でのこと02


学校でのこと03


学校でのこと04

 話はせずに、マスクを外してクラスメイトや先生の顔を見たという娘さん。給食ではマスクを外すけれど、話してはいけないし、一生懸命食べるのでみんなの顔は見られないのだそうです。「ちょっとだけやったけど、みんなにこにこしてたのしかった」と話してくれました。

 話を聞いたかおりんごむしさんは、涙ぐんで「よかったなあ」。みんなの顔を見られてうれしくて安心できただろうなぁと綴っています。

 学校ではマスクをつけている時間が多いので、新しい学年になってからマスクを外した友達の顔をあまり見たことがない子どももいるかもしれません。早くみんなのにこにこした顔を見ながら、思う存分おしゃべりしたり、遊んだりする日が訪れてほしいものですね。

 読者からは「みんなの顔をマスク姿でしか記憶出来てないですもんね。先生のちょっとした配慮でかけがえのない時間になりましたね!」「涙腺が弛みました。良い先生ですね」「嬉しかったことを報告してくれる娘さんの愛らしさと、そんな気持ちにさせてくれた先生。素敵ですね。早くみんなの顔見ながらいっぱいお話できるといいですよね」といったコメントが寄せられています。

 かおりんごむし(@ringomushi0712)さんはブログ「かおりんごむしのほっこりブログ」で4人家族のほっこりした日常を描いた絵日記を公開。作品をまとめた電子書籍「のびのびりんごむし」も出版しています。

画像提供:かおりんごむし(@ringomushi0712)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.