ニュース
» 2020年08月31日 19時30分 公開

「俺を産んだ事を後悔しやがれ」 反抗期まっしぐらの少年を涙させた「母の背中」 親の愛を描いた漫画が感動的

親の心子知らずとはよく言ったもの。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 反抗期の少年が母の愛を知った日の漫画に、親の優しさを感じずにはいられません。作者は漫画家のチャロス(@Cha_ros)さん。


思春期 長男 妹ができたことをきっかけに、親への不満を募らせていく少年

 妹ができてから、拓海くんは我慢を強いられることが増えました。「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい!」と叱られ、そんなに気に入らないならどうして僕を産んだのかと悔しさに涙を滲ませます。思春期になると、その悔しさは怒りに変わりました。


思春期 長男
思春期 長男

 息子がお腹が空いて帰宅しても「家事が忙しくて」と食事の用意をしていない。しかも手伝えなんて言ってくる。俺だって忙しいんだよ! ……すがすがしいまでの反抗期です。

 「我慢しなきゃいけないならコンビニで買うからもういい!!」と、母親を怒鳴りつけて、家を飛び出す拓海くん。こんな子どもに育ったのは全部母親のせい。「俺を産んだことを後悔しやがれ」。


思春期 長男
思春期 長男

 大学へは行かず、就職する道を選んだ拓海くんですが、まだまだ母親への態度は反抗的。一人暮らしする部屋を探しにやってきた不動産屋で、他人事とでも思っているのか、大事な説明を母親に聞かせて自分はトイレに立ってしまいます。


思春期 長男
思春期 長男

 トイレから帰ってきた彼が見たのは、部屋のセキュリティ、周りの環境、交番が近いかなど、過保護なほどに担当者に尋ねる母親の背中でした。

 「あの子は私が最初に産んだ子なんです。私の命より大切なんです」母親の言葉が、背中が、心の奥に閉じ込めた楽しい記憶を呼び起こします。たくさんのありがとうとごめんなさいが涙とともにあふれる拓海くん。

 自分は愛されていないのではないかと不安をこじらせ、ひどい言葉を母親にぶつけ続けてきた息子。それでも母親は彼女自身の命よりも大切な息子だと言い切ります。初めて母親の本心に触れた拓海くんでしたが、急に感謝を伝えることはできず、「もう少し子どものままでいさせてください」と願います。それでも、いずれ気持ちを言葉にできたらいいですね。

画像提供:チャロス(@Cha_ros)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン