ニュース
» 2020年08月31日 13時50分 公開

「コピー本作成の駆け込み寺」 キンコーズが24時間営業の終了を発表 (1/2)

ビジネスだけでなく、創作活動で使った人も多いのでは?

[ねとらぼ]

 オンデマンドプリントサービスを提供する「キンコーズ」を展開するキンコーズ・ジャパンは、店舗の24時間営業を終了することを8月31日に発表しました。

キンコーズ24時間営業終了 キンコーズの店舗

 キンコーズでは、1992年から24時間営業をスタート。早朝・深夜など、時間の制約なく利用したいとった利用者のニーズに応えてきました。

 今回の24時間営業廃止は、「新しい生活様式において大きく変貌した社会の価値観や、働き方改革を推進する観点」からのもの。

 なお、キンコーズではCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染拡大防止のため3月より全店舗で営業時間の短縮を実施。24時間営業廃止の発表があった8月31日現在、24時間営業を行っている店舗はありませんでした。

キンコーズ24時間営業終了 キンコーズのサービスの様子

 キンコーズのTwitter公式アカウントがこれを発表すると、Twitter上では大きな反応が。

 ビジネスだけでなく、同人誌即売会の直前などにキンコーズの24時間営業に助けられた人は少なくないようで、「コミケ前夜にキンコーズでせっせとコピー本作ったのも、今となっては良い思い出だね……」「キンコーズといえば、コピー本作成の駆け込み寺という印象だったが…」という声が多数見られました。

 キンコーズではWeb会議サービスを利用した「オンライン商談」やオンライン入稿への対応」など、オンラインでのサービスを強化しているとのこと。同社は「これからも、IT化を加速しながら、お客様のライフとビジネスに寄り添い、全力でサポートしてまいります」とコメントしています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10