ニュース
» 2020年09月01日 20時00分 公開

いきなり口を手で覆われて……夜道で襲われた経験を描いた漫画 「“自分に限って”と思わないで」

田舎でも都会でも起こりうる。

[林美由紀,ねとらぼ]

 女子高生の時に遭った性犯罪について描いた漫画「まさかこんな田舎で起きるわけがないと思ってたことが自分の身に起こった話。」が「もっと世の女性に広まってほしい」と反響を呼んでいます。作者は漫画家のミツコ(@_3_2_5_)さん。


まさかこんな田舎で起きるわけがないと思ってたことが自分の身に起こった話。05 誰の身にも起こること

 ミツコさんが高校生だったころ、バイトが終わりいつも通りの道を帰っていたときのことでした。畑や田んぼが多い道でしたが、バイト先から家までは5分の道のりだったので、誰もいない夜道でも怖いと思ったことはなかったのだそうです。その日もつい携帯を片手にのんびりと「ながら運転」をしてしまっていたといいます。すると……。


まさかこんな田舎で起きるわけがないと思ってたことが自分の身に起こった話。01


まさかこんな田舎で起きるわけがないと思ってたことが自分の身に起こった話。02

 いきなり男が後ろから走ってきて、ミツコさんの口をふさぎ、服の中に手を入れてきたのです。するとエンジンのかかった車がミツコさんの視界に入り、自分を車に連れ込もうとしているかもしれないと命の危険を感じます。


まさかこんな田舎で起きるわけがないと思ってたことが自分の身に起こった話。03

 ミツコさんはとっさに口を塞いだ男の手に思いっきりかみつき、逆の手でスネをひっかきます。すると、男はひるみ、逃げて行きました。腰を抜かしぼうぜんすることしかできなかったというミツコさん。


まさかこんな田舎で起きるわけがないと思ってたことが自分の身に起こった話。04

 その後、お母さんに連絡し、警察にも事情聴取と現場検証してもらいましたが、ミツコさんはまさかこんな田舎でこんなことが起きるなんて思いもしなかったのだそうです。そして、もしも犯人が複数だったら、車に乗せられてしまっていたら……と、今でもそのときのことを思い出してゾッとするといいます。また、時間がたった今でも車に逃げ込む男の後ろ姿と声、手の感触を覚えているそうです。

 ミツコさんは「自分に限って起こるわけがない」とは思わず、「防災グッズを持つ」「ながら歩きはしない」「夜道は歩かない」「後ろを振り返る」など、気を付けてほしいと注意を呼び掛けています。

 田舎、都会問わず起こりうることですし、夜道、そして場合によっては昼間でも、人通りの少ない道では気を付けたいですね。まさか自分が……とつい思ってしまいますが、襲われた時にミツコさんのように抵抗できない可能性も高いと思います。このお話を読んで日頃から注意をしなくては……思いました。

 この漫画の読者からは「本当に素晴らしい対応。でも誰でもできる事ではありません。仰る通り、まずはそうならないように注意が必要ですね」「悪い人は都会に居ても田舎に来てやったりするので(もちろん逆も)、常日頃から防犯意識を持たないと危ないでよすね」「私も似たような目にあったことがあるのでもっと世の女性に広まってほしいです……」などまずは注意が必要という意見や似たような経験をした人たちからのコメントが寄せられています。

 ミツコ(@_3_2_5_)さんは、MBS系でドラマ化もされた29歳、働く女子4人の恋愛奮闘記『ピーナッツバターサンドウィッチ』を手掛けています。また、講談社のwith onlineで、レシピ漫画「おみつごはん」や偏愛コスメレポート「ミツコスメ」を連載中です。

画像提供:ミツコ(@_3_2_5_)さん


※価格は記事掲載時点のものとなっています



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」