ニュース
» 2020年09月01日 20時37分 公開

「特務機関NERV」防災アプリが有料プラン導入 250円と480円の2段階、無料でも利用制限なし

250円のEプランと480円のEEプランがあり、後者には限定コンテンツも用意されています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 防災情報アプリ「特務機関NERV防災」で、月額制の「サポーターズクラブ」制度が始まりました。会員プランは、会費が250円のEプランと、480円のEEプラン(税込)の2種類。アプリはこれまで通り誰でも無料かつ広告なしで利用でき、会員は新機能の先行体験など特典を受けられる仕組みです。


NERV

 Eプランに入会すると、デジタル会員証が発行され、登録地点数もこれまでの3箇所から6箇所へ増加。新機能をいち早く利用できる「アーリーアクセス」権もあり、早速9月1日から「緊急地震速報の現在地予想」機能が提供開始されています。なお、アーリーアクセスによる機能は、一定期間の経過後に全ユーザーへ無料解放されます。


NERV 初期微動新機能で、(P波)と主要動(S波)の到達状況や、現在地の予想震度等が表示可能に

 EEプラン会員は上記特典に加えて、会員限定コンテンツが閲覧可能に。NERV防災の開発の裏側、防災に貢献する活動の取り組みなどが、アプリ内で見られるとのことです。

 運営のゲヒルンによると、同アプリの年間運営費は約6000万円。別事業の収益でまかなっている現状から、独立採算での継続を実現するために、ユーザーの支援を募りたいと考えたのだそうです。

 ただ、アプリ内広告は通信環境が逼迫(ひっぱく)する災害時に不向き。一部の情報を有料化するのも「あらゆる人にあまねく情報を届ける」アプリのポリシーに反し、一般的なマネタイズ手段は許容できなかったといいます。

 そのため「アプリと開発チームを大切に思ってくださるファンを育て、サポートしてくださる方とともにアプリを成長させていこう」と考え採用した仕組みが今回のサポーターズクラブ制度。今後は支援を受けて開発した新機能を会員向けにいち早く提供し、一定期間後に全ユーザーへ解放するというサイクルで開発を進めるとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2101/18/news085.jpg タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン
  3. /nl/articles/2101/18/news026.jpg お仕事中のパパvs.構ってほしい猫 猛烈なスリスリに耐えるかまいたち山内さんの朝の光景がほほ笑ましい
  4. /nl/articles/2101/18/news030.jpg ヨボヨボの老婆と幼い少年、実は「夫婦です」―― 魔女と人間の一途な愛を描いた漫画「魔女と最後の取引」が泣ける
  5. /nl/articles/2101/18/news115.jpg いったい誰が何のために? 田んぼの真ん中にコアファイター 「国府宮はだかまつり」に合わせて現れた謎の小型戦闘機の正体を調べてみた
  6. /nl/articles/2101/19/news020.jpg 初オフ会にやべぇやつが来た お気持ちも仕事もヤクザなオタ仲間ができる漫画に「ギャップの究極系」「最高」
  7. /nl/articles/2011/26/news070.jpg 「整形した? なんて言われたり」 おのののか、2カ月の本気ダイエットで6.5キロ減 丸顔もシュッと変化
  8. /nl/articles/2101/19/news076.jpg 6.5キロ減のおのののか、挙式後2カ月も体形キープ 華やかなドレス姿に「スタイル抜群!」「首筋から背中がきれい」と称賛相次ぐ
  9. /nl/articles/2005/26/news158.jpg 仲里依紗の寝顔を“キツネさん”中尾明慶が激写 YouTube編集中に「また寝落ち」
  10. /nl/articles/2101/18/news037.jpg “はじめてのコタツ”にビビりまくる元ノラの子猫は…… 愛すべき猫のしぐさや行動を描いた漫画が笑顔になる