ニュース
» 2020年09月02日 08時00分 公開

ルマンドやハッピーターンが靴に転生!? 食べ物のパッケージを再現した「おいしそうなスニーカー」職人に亀田製菓も賛辞

再現度が半端ない。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ブルボンのルマンドやイトメンのチャンポンめん、明治のチェルシーなど、食品のパッケージを手描きで入れた“おいしそうなスニーカー”が、Twitterで好評を博しています。とても再現度が高くて、本物を買いに行きたくなる。


おいしそうなスニーカー お菓子やラーメン、調味料など、見慣れたデザインがずらり

おいしそうなスニーカー

おいしそうなスニーカー 最初に描いたというイトメンのチャンポンめん

おいしそうなスニーカー ブルボンのお菓子もお気に入り

 普段買っている好きな食べ物をスニーカーに描いているという、“美味そうなスニーカーの人”(@hOpQTKSkHnbQILM)さんの作品。お菓子やラーメンに限らず、ヒガシマルのうどんスープやヱスビー食品の柚子こしょう、しそ焼酎「鍛高譚」など多彩なモチーフを選び、デザインを忠実にスニーカーへ落とし込んでいます。


おいしそうなスニーカー 真上から見ると商品棚みたい

 ねとらぼ編集部が作者を取材したところ、食品パッケージをスニーカーに描き始めたのは7月ごろ。数年前まで請け負っていたオリジナルデザインのスニーカーペイントを再開するにあたり、リハビリとして自分用に「好きなもの」を描こうと考えたのがきっかけと言います。


 最初に選んだモチーフはイトメンのチャンポンめん。これに思いのほか反応があって描き続けた結果、22足もの“おいしそうなスニーカー”が出来上がったのだとか。


 作品は5万5000もの「いいね」がつく注目を集め、「かわいいしおいしそう」「大好きなあずきバーもある」と話題に。亀田製菓公式アカウントが「ハッピーターンもある!」と反応する事態になりました。


 欲しい、買いたいとの声も多数ありますが、おいしそうなスニーカーはあくまでも趣味での製作。作者は著作権侵害にならないオリジナルデザインであれば、オーダーを承るとのことです。

作品提供:美味そうなスニーカーの人(@hOpQTKSkHnbQILM)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.