ニュース
» 2020年09月02日 11時03分 公開

週末は大規模災害に厳重警戒 記録的高潮を引き起こした2年前に類似

台風シーズンを迎えた9月1日21時に台風10号が発生。2年前、西日本に大きな爪あとを残した台風21号に匹敵する勢力で接近するおそれ!週末は大規模災害に厳重警戒。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

2020年台風10号最新情報

台風10号

 9月1日21時、小笠原近海で台風10号が発生。中心気圧は1000hPa、南西へ1時間に10キロメートルの速さで進んでいます。今後台風10号は、海面水温の高い海域を進むため、発達しながら北西へと進む見込みです。5日土曜日21時には非常に強い勢力で、南大東島近海に達し、6日日曜日には非常に強い勢力を維持した状態で西日本にかなり接近する恐れがあります。

 非常に強い勢力で、日本列島に上陸した台風といえば2年前の2018年9月の台風21号です。

 この時は、近畿地方を中心に広い範囲で暴風が吹き荒れ、関西国際空港では観測史上1位となる最大瞬間風速58.1メートルを観測。大阪湾を中心に潮位が急上昇し、関西国際空港の滑走路や駐機場が広域にわたって浸水する被害が出ました。

 今回も非常に強い勢力で接近・上陸するとなれば同等クラスの被害が想定されます。

身の回りの装備品をいま一度ご確認を!

台風10号

 雨や風が強まる前に、身の回りの物を確認しましょう。最寄りの避難所、そこまで経路は大丈夫ですか?飛来物によって断線し、停電の恐れがあります。スマートフォンの充電、防災用のラジオや懐中電灯はすぐに使える状態にありますか? ヘルメットやペットボトル、毛布などを手元に置いておくと「いざ」というときに使えます。

 規模の大きい台風が襲来する前にあらかじめ、身を守るための準備を行っておきましょう。

Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.