ニュース
» 2020年09月02日 12時20分 公開

2020年はハロウィーンもオンライン!? 川崎がSNSでの実施を決定、仮装動画を全国および世界から募集

1997年から続く日本最大級のハロウィーンイベントが、ついに電脳空間へ進出。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 神奈川県川崎駅周辺で例年開催されているカワサキハロウィンが、2020年はオンラインで実施すると発表しました。「10月のSNSを仮装動画で完全にジャックしよう」との意気込みです。

カワサキハロウィン2020のイメージ画像 カワサキハロウィン2020はネット開催

 同イベントにおける例年の目玉企画はハロウィン・パレード。日本最大級の規模をほこるもので、川崎駅周辺を仮装した人々が練り歩きます。2019年は駅前の大通りである新川通りの全6車線を完全封鎖、参加者はおよそ2000人、沿道には12万人ほどが集まりました。

 1997年から毎年規模を拡大し実施してきたイベントではありますが、コロナ禍では安全の担保と、圧倒的なスケール感の両立は困難と判断し、オンラインでの開催を決断しました。ネット企画というと寂しいようにも感じますが、主催者側はテーマに「“カワハロ史上初!完全 ONLINE でリアルパレードを超える!」を掲げるなど、例年以上に盛り上げる気構えです。

 主な企画は、10月1日から31日まで行われる仮装動画の募集。TikTok、Instagram、Twitterなどに「#カワハロ 2020」「#うちで化けよう」のハッシュタグをつけて投稿することを呼びかけています。25日までに投稿された仮装については、仮装コンテスト『ハロウィン・アワード』の審査対象となり、グランプリには賞金50万円が贈られます。また、詳細は現段階では発表されていませんが、31日には、サプライズを秘めた ON LINE ハロウィン・パレードが開催される予定です。

名画に仮装した人

ファストフードを食べるゾンビに仮装した人

仮装してオンライン会議をしている人

 全国には、すでに中止を決定しているハロウィーンイベントもあります。カワサキハロウィン主催者は、全国の主催者に対しても、企画に参加してほしいと呼びかけています。「元来“悪霊退散”を起源とする“ハロウィーン”を、全国各地で連動して実施する事によって、“コロナ退散”の願いを日本中で共有し、少しでも世の中を元気にする役に立てるのではと考えました」と心意気を語っています。

ハロウィンパレードのイメージ 31日にオンラインパレードも開催予定

Twitter、YouTube、Instagram、Facebook、TikTok、LINE TwitterやFacebook、Instagramなど

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10