ニュース
» 2020年09月02日 12時20分 公開

2020年はハロウィーンもオンライン!? 川崎がSNSでの実施を決定、仮装動画を全国および世界から募集

1997年から続く日本最大級のハロウィーンイベントが、ついに電脳空間へ進出。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 神奈川県川崎駅周辺で例年開催されているカワサキハロウィンが、2020年はオンラインで実施すると発表しました。「10月のSNSを仮装動画で完全にジャックしよう」との意気込みです。

カワサキハロウィン2020のイメージ画像 カワサキハロウィン2020はネット開催

 同イベントにおける例年の目玉企画はハロウィン・パレード。日本最大級の規模をほこるもので、川崎駅周辺を仮装した人々が練り歩きます。2019年は駅前の大通りである新川通りの全6車線を完全封鎖、参加者はおよそ2000人、沿道には12万人ほどが集まりました。

 1997年から毎年規模を拡大し実施してきたイベントではありますが、コロナ禍では安全の担保と、圧倒的なスケール感の両立は困難と判断し、オンラインでの開催を決断しました。ネット企画というと寂しいようにも感じますが、主催者側はテーマに「“カワハロ史上初!完全 ONLINE でリアルパレードを超える!」を掲げるなど、例年以上に盛り上げる気構えです。

 主な企画は、10月1日から31日まで行われる仮装動画の募集。TikTok、Instagram、Twitterなどに「#カワハロ 2020」「#うちで化けよう」のハッシュタグをつけて投稿することを呼びかけています。25日までに投稿された仮装については、仮装コンテスト『ハロウィン・アワード』の審査対象となり、グランプリには賞金50万円が贈られます。また、詳細は現段階では発表されていませんが、31日には、サプライズを秘めた ON LINE ハロウィン・パレードが開催される予定です。

名画に仮装した人

ファストフードを食べるゾンビに仮装した人

仮装してオンライン会議をしている人

 全国には、すでに中止を決定しているハロウィーンイベントもあります。カワサキハロウィン主催者は、全国の主催者に対しても、企画に参加してほしいと呼びかけています。「元来“悪霊退散”を起源とする“ハロウィーン”を、全国各地で連動して実施する事によって、“コロナ退散”の願いを日本中で共有し、少しでも世の中を元気にする役に立てるのではと考えました」と心意気を語っています。

ハロウィンパレードのイメージ 31日にオンラインパレードも開催予定

Twitter、YouTube、Instagram、Facebook、TikTok、LINE TwitterやFacebook、Instagramなど

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響