ニュース
» 2020年09月27日 20時00分 公開

登場人物が生きていると錯覚するための「手紙型小説」 手紙のやりとりを本当に便箋で再現した同人誌『拝啓、』がこだわってる

よくある「手紙のやりとりを本文にした小説の本」ではなく「本自体が手紙のやりとりでできている小説」。

[ねとらぼ]

 同人誌制作者さんに作品へのこだわり、思い入れなどを伺う読者応募企画「装丁にこだわりまくった同人誌、教えてください」。今回は、本文が手紙のやりとりになっているだけでなく、作品自体が便箋の束でできている小説『拝啓、』(「東方project」二次創作)のお話を伺いました。




魔理沙→霖之助の便箋


霖之助→魔理沙

『拝啓、』

  • サークル名:雨宝引
  • 制作者名:雨野みるは(Twitter:@yukihaaya/pixiv:雨野 みるは
  • 霧雨魔理沙と森近霖之助がどんな生活をしているのか、今日の天気はどうだった、昨日食べたあれはおいしかったという2人のちょっとの報告と手紙が届いた時のあの嬉しさを疑似体験する小説です。
  • 2021年春に増刷&続編制作予定

「キャラクターが生きていると錯覚」させるための手紙型小説

―― 『拝啓、』のコンセプトは?

 「私たちとキャラクターとの境目を曖昧にする」「『霧雨魔理沙』『森近霖之助』らキャラクターが生きていると錯覚する」ことをテーマに、私たちが彼らの生活をのぞき見しているような製本に致しました。

 のり付けされた封筒の中に、各キャラクターをイメージした紙質、文体、文字の書き方の便箋を折り込んでいます。また、手紙の最後には「森近霖之助が手紙を受け取って泣いてしまう」ということを表現するためにインクを3色使って紙への涙の滲(にじ)みを表現しました。透明インクを使うことで水で透けたような印刷になっています。

 実際に読んだ方から「まるで生きているみたい」という感想をいくつかいただきました。


インクで表現した涙の滲み

―― その他にこだわったポイントは?

 後書き、奥付も物語の景観を損ねないように、作中に使われていた白い便箋とは異なる藁半紙(わらばんし)の色付きの紙を使用しております。

 それから、これは物語の重要な内容に関わる話なのですが、手紙の中で霧雨魔理沙は森近霖之助にしおりを渡す日があって、そのしおりを実際に作成して封入しています。「リナリア」という花をドライフラワーにしてシーリングワックスで留めたしおりを、読者にも実際に手にしてもらうことで、物語への没入を誘っています。



―― 過去に、この本は「製本が爆裂に手間が凄い」ため再販が大変だとツイートされていますが、なぜでしょうか?

 紙質がそれぞれに異なる手紙を1枚1枚印刷し、それを一部ずつ手製本したこと。表紙となっている封筒が一般に使われているサイズではない(B6)ため印刷ができず、消しゴムハンコで印字したこと。

―― やっぱりイレギュラーなつくりの作品だけに、手作業が多いというのが一因ですか。

 それに加えて、しおりに使ったリナリアの花が花屋さんが売られておらず、ホームセンターなどで3株ずつ程度しか販売されていなかったので、自分で育てて一輪一輪ドライフラワーにして、それをシーリングワックスで留めて……という作業に、多くの時間を要しました。

本企画では取材させていただける方を常時募集しています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」